ジャック・デリダ『ならず者たち』

本書は「ならず者」の名を徹底的な分析の俎上に載せつつ、「来たるべき民主主義」をその緊急性において考え抜こうとするデリダ晩年の代表作と言えよう。まず「ならず者」の意味論的分析に関しては、この語が語源的に「街路」に関係しているとの指摘が非常に興味深い。街路に徘徊する「ならず者」。ボエームから郊外の反抗者たちまでの寄生者たち。

また、デリダの「来たるべき民主主義」の思考が、他の哲学者たちの思考と対照されている点も注目されるべきだろう。「来たるべき民主主義」を考えることは、しばしば同一視されるカントの統整的理念の想定とは異なっている。統整的理念が、理性的な主体の努力に依拠しているのに対して、「来たるべき民主主義」は、他者の予測不可能な到来につねに開かれることを指し示していて、それ自体としては「不可能なもの」であるが、にもかかわらず緊急に要請されているのだ。そこにあるのは、ナンシーの言う「兄弟愛」でもないし、さらに鵜飼哲の解説によれば、「来たるべき民主主義」は、ランシエールの考える、代替可能で対等な者たちの「不和」にもとづく「民主主義」とも異なっている。

では、「来たるべき民主主義」の思考が理性的な主体の権能に依存せず、同等な主体によって分有され得ないとするならば、そこにあるのは非合理主義的な理性の放擲なのか。デリダによれば、けっしてそうではなく、「来たるべき民主主義」の思考は、理性の可能性の条件とも言うべき無条件性を、理性のうちに呼び覚ますのだ。それは無条件の歓待や赦しの可能性を開き、理性に自己自身を思い起こさせるのである。そして、無条件性を具えた理性であることを現実に引き受けるのは、分割不可能な至高性としての主権であり、その力こそが、それ自身「ならず者」と化した超国家的権力に立ち向かいうるのだ。しかもその力が発揮されるには、「理性に理性を働かせなければならない」。具体的には、無条件の歓待や赦しの余地を私たち自身が切り開いていかなければならないのである。

「ならず者」が語られること自体のうちに内在する問題を炙り出しながら、「来たるべき民主主義」をその緊急性において考え抜こうとするデリダの『ならず者たち』。それは今なお急を要するものであり続ける世界的状況へ差し出された彼の晩年の代表作であると同時に、その状況へ立ち向かう私たち自身の、「理性」を担うべき「メシア的」力を思い出させる書物でもある。

[鵜飼哲、高橋哲哉訳、みすず書房、2009年]

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中