バーバラ・ハンニガンの声に触れて

それはあたかも、血腥い闇を振り払い、抑圧の歴史を断ち切る新しい日の訪れを渇望する若い女性の魂が、声となって立ち現われてきたかのようだった。Hiroshima Happy New Earの第15回の演奏会[2013年9月8日/アステールプラザオーケストラ等練習場にて]で、歌うことの新たな地平を切り開く一つの出来事と言うべき歌唱を聴かせてくれたバーバラ・ハンニガンは、終演後のトーク・セッションのなかで、歌うとき自分は、作曲家が書いた、詩と不可分である音楽そのものになろうとすると語っていたが、この演奏会の冒頭で彼女が歌った、ルイジ・ノーノの《生命と愛の歌》の第2曲「ジャミラ・ブーパシャ」を聴きながら、ノーノの音楽の精神が、ジャミラ・ブーパシャという女性の魂と一つになって響くのに触れている思いがして、身震いを禁じえなかった。この曲でノーノがひとすじの歌に凝縮させた、アルジェリアの解放へ向けた闘いに身を投じ、牢獄に囚われたこの女性が抱く生とその未来への渇望そのものが、深い闇のなかから響き出て、その闇を切り裂くのを目の当たりにするようだった。

次に演奏されたクロード・ヴィヴィエの《夜への讃歌》は、ノヴァーリスの同名の長編詩の一部を詩に用いた作品だが、この曲でハンニガンは、無限に広がりゆく世界をその起源から詩のかたちで浮かび上がらせようとするノヴァーリスの想像力に呼応しようとするヴィヴィエの瑞々しい感性が結晶した歌を、しっとりと、かつ非常に細やかに──実際、楽譜には細かい歌唱法の指定がある──響かせていた。そのような彼女の歌は、切り詰められた音の配置から奥行きある空間を現出させる中川賢一のピアノと相俟って、夜の深淵の上を静かに歩むように聴こえた。

ヴィヴィエの後に演奏された、アーノルト・シェーンベルクの作品2の《四つの歌》も、休憩を挟んで演奏されたアルバン・ベルクの《初期の七つの歌曲》も、ロマン主義的な歌曲芸術を、それが自己崩壊する極点まで突き詰めながら、次の時代の歌の世界を開こうとするものと言えようが、ハンニガンはいずれの作品においても、詩に込められた感情の揺れ動きや、詩の言葉が一つの風景を開く動きと一体となった音楽を、きわめて自然な、いやおのずと響いてくる──すなわち、優れた意味で自然な──歌として聴かせていた。そのなかから言葉が明晰に、かつ意味深く響いてくる。詩と音楽が一つになる歌曲の精髄が、きわめて高い完成度において具現された希有な瞬間だった。そして、詩と音楽の一体性を追求したとき、音楽が──従来の視点からすれば──断片にならざるをえないことも、深い余韻とともに示した演奏だったように思う。

ハンニガンは、シェーンベルクの初期作品においてはどちらかと言うと、「高揚」のような曲に聴かれるその音楽の若さを強調していたように思えたが、ベルクの歌曲においては、「夜鳴き鶯」や「室内にて」のような曲に聴かれる恋心の瑞々しい発露のみならず、夜のなかへ沈み込んでいこうとする音楽の動きも、非常に大きな、それでいて自然さを失うことのない表現の振幅をもって聴かせていた。静かな箇所など闇のなかにたゆたうかのような彼女の歌に耳を傾けながら、一つの歌の世界が、若さのなかで翳りつつあることとともに、その翳りのなかから『ヴォツェック』などへ連なるベルクの世界が開かれつつあることに思いを馳せていた。

もしかすると、そのようなベルクの世界は、「星の間に間に見捨てられ」のような曲に聴かれるクルト・ヴァイルの世界に通じているのかもしれない。最後にヴァイルが亡命後に書いた三つの歌が演奏されたが、ハンニガンの演奏は、恋人に、そして神に見捨てられた一人の人間の悲哀を、酒の臭いが漂うなかに腹の底から吐き出すものではなく、むしろベルクらにも通じる、優れて音楽的な歌に昇華させるものだった。「シャンソン」や「ソング」として聴こうとする向きには物足りないものがあるかもしれないが、これはこれで、ヴァイルの音楽性を発揮させた演奏と思われる。ここでも詩と歌の自然な結びつきが印象的で、「あなたを愛してないのよ」など、自分を捨てた恋人へのやるせない思いそのものを聴くようでもあった。音楽と言葉を一つにする声を響かせ、何かがおのずと現れてくる場を開くバーバラ・ハンニガンは、一つの媒体、ないしは一人のシャーマンと化しながら、歌の可能性を指し示している。これからも彼女は、世界中の舞台に立ちながら、媒体としての歌をいっそう研ぎ澄ませていくにちがいない。

6988_581074725276971_1201714674_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中