細川俊夫ポートレイト・コンサートを聴いて

去る2月11日、大久保の淀橋教会の小原記念チャペルにて、鈴木俊哉リサイタルとして開催された細川俊夫ポートレイト・コンサートを聴いた。すべての曲を演奏したリコーダー奏者の鈴木俊哉をはじめとする最良の理解者たちの素晴らしい演奏によって、細川の音楽の世界がきわめて凝縮されたかたちで小さなチャペルのなかに開かれた。全体として、静寂のなかから生起してくる一つの音自身の生命を、打ち込みや撥ね、擦れや滲みを含んだ書の線として歌い抜く細川の音楽が、非常に生き生きと響いた演奏会になったと思われる。

演奏会の冒頭で細川が、ヴェーベルンが論じた「音楽思考 der musikalische Gedanke」について語っていたが、細川の音楽においては、この「音楽思考」の精神を生命の息吹が貫いていることを、鈴木俊哉のリコーダー演奏を聴きながらあらためて思った。また、宮田まゆみの笙、辺見康孝らの弦楽四重奏は、ひと筋の線としての音が、風景のなかに、万物照応とともに、あるいは他の生命とせめぎ合うなかに、垂直的に螺旋を描く時のなかに響いてくることを、見事に示していた。

演奏された6曲のなかでことに興味深かったのが、今回が世界初演だった、声とバス・リコーダー、弦楽四重奏のための「つれない人」。会場の四隅に配された弦楽四重奏と風鈴が、優れて儀式的と言える空間を開き、気配を漂わせるなかに、鈴木のバス・リコーダーと太田真紀の声によって、恋破れた男の嘆息そのものが徐々に響いてくる過程が、一つの凝縮されたモノドラマをなしているようだった。そのテクストが、仮名という日本独自の表現言語が形成されつつあった頃の古今和歌集から採られていて、かつその詞が言葉になろうとするあわいが、そこにある息のめぐらしとともに強調されていたところが非常に印象的で、そこは音楽そのもののあり方を象徴しているようでもあった。

演奏会の前半と後半が、それぞれリコーダー独奏で始まり、徐々に演奏者を増やして、音の響く場が、図に対する地が立ち現われてくるプログラムの構成になっていたのも、面白く思われた。冒頭で極度の緊張と豊かな表現の振幅をもって演奏された《線Ib》の線を描く運動に内在する、生の深みから音が立ち上がる動きが、《垂直の歌Ib》で深く掘り下げられているように感じたのも、細川の音楽に長年にわたって取り組み続けてきた鈴木の演奏あってのことだろう。彼の演奏は、《鳥たちへの断章IIIb》では、鳥たちが羽ばたきながら示す、凄まじいまでの、どこか「怒り」すら感じさせる生命力を横溢させていた。

リコーダーと弦楽四重奏のための《断章II》では、両者の響きが溶け合うのに身を委せ、雲が流れゆく風景と耳を一体化させる喜びも味わうことができた。音そのものを、それを貫く気息を深く聴くことから生まれる音楽と、それがもたらす深い喜びが何ものにも代えがたいことを、その危機のなかであらためて噛みしめる演奏会となった。細川俊夫ポートレート・コンサートFlyer

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中