矢野久美子『ハンナ・アーレント、あるいは政治的思考の場所』

03113_home『人間の条件』におけるハンナ・アーレントの最も重要な洞察の一つに、人間の根本的な「複数性」ということがある。省みるなら、生まれてから死ぬまで人は独りでは生きていない。人は、人々のあいだに生まれ落ち、人々のあいだに生き、そして他者に看取られ、あるいは悼まれながらこの世を去っていく。このように、地上に生きる人間が根本的に複数であるということは、一人ひとりが特異であることも同時に含意している。この点で、複数性という概念は、多数の人間を俯瞰的に一つの類概念に包摂することに道を開く多数性の概念とは次元を異にしている。つまり、人が生まれるとは、自分とは絶対的に異なる他者と遭遇し、その他者と関係を結ぶことであり、他者たちのあいだに生きるとは、他者と出会い、第二、第三の誕生としての「始まり」を経験し続けることなのである。

アーレントによれば、こうして人間が複数性を生きることのうちに、他者とともに生きる関係を築く政治の可能性が宿っている。裏を返すなら、人々が一定の同質性のうちに閉じこめられる全体主義的な体制の下には、人々が関係を築きながらともに生きることができる場は存在しない。むしろ、相互監視とテロルのみが、究極的には自分自身の滅亡を招来させるような一つの方向へ人々を向かわせることになる。アーレントは、1930年代から40年代初頭にかけて全体主義の暴力を身をもって経験した後、複数の人々の〈あいだ〉を開き、人々の関係を築く営為としての「政治」の可能性へ向けた思考を培い、深めていった。本書は、この「政治的思考」の歩みを、アーレントの亡命初期からアイヒマン裁判の頃まで辿り、政治そのものの可能性を問う一書である。

さて、つとに知られているように、アーレントは、『人間の条件』をはじめとする著作において、古代ギリシアのポリスをモデルとしながら、「言論」を伴った「活動」──これによって人は他の人の前に、自分自身の姿を現わす──にもとづく政治を論じている。ただし、本書によると、その際アーレントは、人間を「ポリス的/政治的動物」とするアリストテレスの議論の従来の解釈を乗り越えている。つまり、人間が実体として政治的であるわけではない。むしろ、複数の人々のあいだを開く活動こそが「人間」を形づくっている──ここに人の「現われ」がある──のであって、その〈あいだ〉という空間が、複数の人々が生きる場としての「世界」をなすのである。しかも、自分自身を露わにし、人々の〈あいだ〉を開き、世界を切り開く活動は、それぞれ代替不可能な人々の対等な関係──これが古代ギリシアでは「イソノミア」と呼ばれていたのだ──を築いていく。

著者によれば、ここにこそ、アーレントの考える政治がある。 したがって、アーレントの思考にもとづく政治とは、ある種の人間が歴史的に作り出した「真理」に従属することではありえない。この「真理」の歴史性を見失ったところに、「人種」のような近代の最悪の虚構の起源もある。その暴力がおびただしい人々を虐殺した後で、それぞれ特異な他者たちの〈あいだ〉を開き、他者たちを結びつけることとしての政治の可能性を考えることは、アーレントにとって一方では、あらゆる集団への帰属、ないしは集団への帰属感を乗り越えることを意味していた。このことが、アイヒマン裁判をめぐる論争のなかで彼女が表明した、自分は友人を愛するのであって、「ユダヤ人」のような集団を愛するわけではないとする態度に結びついていることも、著者は指摘している。

他方で、アーレントにとって「あってはならなかった」全体主義のジェノサイドが起きた後で、複数で生きる人間の生そのものの営みとしての政治──人間が生きるとは、〈あいだ〉に生まれることにほかならず、それこそが「始まり」なのだ──についての省察を深めることは、同時に、親友だったヴァルター・ベンヤミンが考えようとした、もう一つの歴史の可能性を考えることでもあったことも、著者は指摘している。ある集団の自己正当化のために物語られ、人々をおぞましい暴力に巻き込んでいった神話としての歴史の「残骸」からの歴史、それは複数の人々のあいだで出来事を物語り、そのリアリティを複数で共有することから始まる。 このもう一つの歴史が始まる場所としてアーレントが指し示しているのが、彼女が『過去と未来のあいだ』をはじめとする著作で繰り返し言及したフランツ・カフカの「彼」の場所である。

著者によると、この「彼」は、過去と未来の狭間に立ち、せめぎ合う両者の力を身に受けているが、歴史の残骸を手に「戦線の外」に出ることができる。ベンヤミンの「歴史の天使」すら思わせるこの歴史の残余を掬い取る身ぶりこそが、出来事を物語ることを可能にする。しかも、著者によれば、この物語る身ぶりこそ、神話的な歴史の流れを中断させるものなのだ。歴史の残余の記憶を担うこの身ぶりにもとづく新たな歴史を、複数性において生きること、このことが、取り返しのつかない出来事の後で、他者とともに生きる空間を、すなわち〈あいだ〉を切り開く。こうして、残余からの歴史とともに開かれる他者たちの〈あいだ〉こそが、来たるべき政治の「場所」にほかならない。

歴史の暴力を身に受け、「あってはならなかった」出来事を目の当たりにした後に、それでもなお他者たちのあいだにある「政治」を探究し、「人間が複数の人間として、世界への関係を創設すること」に「政治の本質」を見て取るアーレントの思考を辿った本書は、歴史の残骸の記憶を担うもう一つの歴史によって、神話的な「真理」を乗り越え、複数の人々の〈あいだ〉に立つ道筋を指し示していよう。歴史の否定にもとづく「真理」の名にまったく値しないイデオロギーに人々が搦め捕られ、人間の根本的な複数性すら忘れ去られようとしている今、本書はアーレントの思想研究であることを越えて、地上における人間の生を構成する営為としての政治の可能性をみずから考えるための重要な手がかりをもたらす一書として、広く読まれるべきであると考えられる。

[みすず書房、2002年]

広告

ベンヤミンの著作の翻訳書二題

08373『この道、一方通行』[細見和之訳、みすず書房、2014年]

看板や広告、パノラマやからくり人形、建築とその室内など、都市生活を織りなすさまざまな文物を、文字像として捉え、それが喚起する思想をエピグラムのように書き留める、ベンヤミンによる都市のエンブレム集とも言うべき作品。その翻訳には、本訳書のような簡潔体の散文詩のような文体が相応しい。

この作品は、ベンヤミンのほとんど片思いに終わった恋の相手アーシャ・ラツィスに捧げられ、エロスと歴史の極限へ向かう一方通行の道を指し示す。鋭敏な批評眼をもって思想を形象に込める彼の思考が、最も洗練された形式で表われているとともに、「暴力批判論」と「歴史の概念について」を結ぶ歴史哲学と、後に「人間学的唯物論」と定式化される思考とが凝縮されたかたちで示されている点で、訳者が述べるように、この作品は格好のベンヤミン入門とも言える。「ドイツのインフレーションをめぐる旅」は、この国の現在に恐ろしいほどぴたりと当てはまる。原書表題»Einbahnstraße«の訳を「この道、一方通行」とする着想も卓抜。ズーアカンプ社から刊行され始めているベンヤミン批判版全集(Walter Benjamin Werke und Nachlaß: Kritische Gesamtausgabe, Frankfurt am Main/Berlin: Suhrkamp, 2008–.)を底本とした最初の翻訳書ともなった。

『ベンヤミン・コレクション7──〈私〉記から超〈私〉記へ』[浅井健二郎編訳、土合文夫、久保哲司、内村博信、岡本和子訳、ちくま学芸文庫、2014年]

拙著『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社)とほぼ同時期に刊行されたベンヤミンの著作のアンソロジー。第6巻もそうだったが、この第7巻にも、これまで日本語に訳されたことのなかったベンヤミンの著作が相当数含まれている。なかでも貴重と思われるのが、第V部「学校改革・教育」に含まれた著作で、1910年代初頭の、ヴィネケンの影響の下で青年運動の中心にいた時期のものから、1920年代後半からの、マルクス主義の影響を受けながら、児童演劇や子どものための読本などを論じた著作に至るまで、ベンヤミンが教育に対する強い問題意識を持続させていたことがうかがえる。その歩みを、アドルノが『自律への教育』(中央公論新社)で示している「アウシュヴィッツ以後の教育」の探究と照らし合わせ、今日教育の現場にも浸透しつつあるファシズムを撥ね返す子どもの力を、一人ひとりの子どもが真に生きることへ向けて引き出す教育の可能性を探ることは、喫緊の課題と言えよう。

また、こうした教育に触れた著作のなかで、ベンヤミンが自身の思想の重要な概念を繰り広げているのも注目される。青年運動期に雑誌に書かれた論考では、若きベンヤミンが思考の軸とした来たるべき「宗教」の概念──それを、本書に翻訳が収められている「宗教としての資本主義」の「宗教」と対峙させることも、彼の思想を深めるうえでも、また現在の状況に立ち向かううえでも重要だろう──が展開されているし、「プロレタリア児童劇」などを論じた後年の著作で、「複製技術時代の芸術作品」で重視される触覚や反復が、これよりも率直に論じられている。本書には、これらに加えて、履歴書や成し遂げられなかった自殺の前に書かれた遺書など、ベンヤミンが自分自身を語った重要な文書も訳出されている。さらに、日記や雑誌のためのインタヴュー記録などで、さりげなく思想の核心に触れているのも見逃せない。

先の『コレクション』第6巻には、岩波現代文庫の『パサージュ論』の翻訳で割愛されたその初期草稿が訳出されていたが、第7巻には、これまでまとまった翻訳のなかった「歴史の概念について」の異稿断片集の抄訳が収められている。これも、何度も訳されてきた「歴史の概念について」の全著作集印刷稿や『パサージュ論』の方法に関する覚え書きなどとともに、ベンヤミンの歴史哲学を広い視野から、歴史そのものの可能性へ向けて検討するための貴重な資料となろう。

この第7巻でちくま学芸文庫の『ベンヤミン・コレクション』シリーズは完結するとのことだが、同じちくま学芸文庫から出ている『ドイツ悲劇の根源』や『ドイツ・ロマン主義における芸術批評の概念』を合わせると、ズーアカンプ社から出ている7巻の全著作集(Walter Benjamin Gesammelte Schriften)のほとんどを日本語で読めることになる。これだけの量の著作を、非常に明快な訳文で読者の許に届けてくれたことに対しては、心からの敬意と感謝を表わさないではいられない。今後は、「手紙の人」ベンヤミンの全書簡集(Walter Benjamin Gesammelte Briefe:ズーアカンプ社から全6巻で刊行されている)や、徐々に刊行されつつある批判版全集の各巻の翻訳が課題となろう。