ミンゲット弦楽四重奏団の演奏を聴いて

広島に、そして広島から新たな耳を開くべく続けられている現代音楽の演奏会シリーズHiroshima Happy New Earの第18回目の演奏会[2014年11月18日/アステールプラザオーケストラ等練習場]に登場したのは、ドイツのケルンを拠点に活躍を続けるミンゲット弦楽四重奏団。その名は、芸術は大衆に愛されるものであるべきだと説いた18世紀スペインの哲学者パブロ・ミンゲットに由来するという。哲学者ミンゲットの精神は、もしかすると、ミンゲット弦楽四重奏団の考え抜かれたプログラム構成に表われているのかもしれない。古典的な作品やその楽章と、現代作品とが照らし合わせられる──例えば今回、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番の両端楽章のなかに、ドビュッシー、ヴェーベルン、細川俊夫らの作品が挟まれていた──ことによって、両者に通底する楽想が浮かび上がり、誰もが現代作品に近づける回路が開かれるとともに、古典的な作品のなかにも新たな発見の余地が開かれるのだ。ミンゲット弦楽四重奏団は今回、こうしたプログラム構成も含め、これまでHiroshima Happy New Earのシリーズに登場したアルディッティ、ディオティマ、ジャックといった弦楽四重奏団とはまた異なった個性を優れて音楽的に発揮していた。

とくに印象的だったのが、ミンゲット弦楽四重奏団が、内声を軸に、クァルテットとしての響きの充実を志向していたこと。第2ヴァイオリンのアネッテ・ライジンガーとヴィオラのアロア・ソリンのしなやかで、豊かに広がる音が、クァルテットの響きに深い奥行きをもたらしていた。また、それによって、メンデルスゾーンの最後の弦楽四重奏曲においては、悲痛な歌が内側から湧き上がってくる。姉ファニーの死に直面した衝撃のなかから生まれたとされるこのヘ短調の弦楽四重奏曲より両端楽章が、演奏会の最初と最後に演奏されたが、そこに込められた激情が、うねるような曲のダイナミズムに結実したのも、このクァルテットならではのことだったにちがいない。そして、この曲に見られる、動機を連綿と発展させ、精神の内奥から歌を紡ぐ行き方が、W・リームの弦楽四重奏曲にも、またヴェーベルンの弦楽四重奏のためのバガテルにも受け継がれているのを、メンデルスゾーンのあいだにこれらが置かれることで、はっきりと感じ取ることができた。

とくにリームの作品は、いくつかのモティーフを、表現主義的とも思える仕方で運動性豊かに、またあくまでそれが楽音において響く可能性を突き詰めるかたちで展開するものと言えようが、その美質がミンゲット四重奏団によって存分に引き出されていたのは非常に印象的だった。他方で、ヴェーベルンのバガテルにおいては、音そのものの最小の展開のうちに最大の自由が凝縮していることを、豊かな歌とともに響かせていたのではないだろうか。ともすれば、雰囲気的に演奏されかねないとも思われる武満の《ランドスケープ》において、このクァルテットが、鋭い打ち込みのなかから響きの層を豊かに繰り広げていたのも印象深い。それぞれの層の襞まで響いてくるかのような演奏だった。その後にドビュッシーの弦楽四重奏曲の緩徐楽章を聴くと、その静謐な響きの層に、武満の楽想の源があるかのようにさえ思えてくる。この楽章の演奏は、それぞれの楽節の特徴をしっかりと示しながら、深いところから柔らかな歌を響かせるもので、それだけで一個の作品のようにさえ聞こえるほど内容的に充実していた。

こうしたミンゲット四重奏団の響きの特徴と、質実な音楽へのアプローチが最も生きたのが、細川俊夫の《開花》の演奏であろう。一つひとつの音に時間をかけて沈潜するなかから、豊かな歌が深い憧れを内包して響いてくる。水面へ上ろうとする蓮の茎のうちで躍動する生命のダイナミズムが、これほど奥深いところから湧き出た演奏は、これまで聴いたことがない。たしかに、技術的な完成度だけを見るなら、ミンゲット四重奏団の演奏には、これまでHirosihma Happy New Earのシリーズに登場したクァルテットに及ばないところはあろう。しかし、泥土の底から這い出てくる蓮の生命を、その開花の喜びを、ミンゲット四重奏団の演奏以上に深いところから、豊かな歌とともに響かせた演奏は、これまで聴いたことがない。

アンコールには、メン261118デルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番より緩徐楽章が演奏された。深沈とした歌に満ちた、ファニーのレクイエムとも言うべきその楽章は、原子爆弾の犠牲者をはじめ、人類の苦難の歴史の犠牲者たちに捧げる一つのレクイエムとして演奏されたという。広島という場に身を置くことで生じた、クァルテットのメンバーのこのような思いもまた、演奏された作品の響きにいっそうの奥行きを添えたはずだ。広島からの霊感とともに生まれた、深い歌に富んだ音楽の出来事に立ち会えた幸運に感謝したい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中