細川俊夫《リアの物語》の広島での上演に接して

細川俊夫《リアの物語》広島公演の舞台

細川俊夫《リアの物語》広島公演の舞台(開演前)

能舞台の上には、竹竿が屋根を思わせる形に組み合わされている。そのなかにリアが入り、政務からの引退を告げると、そこから悲劇が始まる。彼が上の二人の娘、ゴネリルとリーガンへの領土の分与と、末娘のコーディーリアの追放とを宣言すると、リアの城と玉座を一つながらに表わすかのような形態は解体され、一本一本の竿が独り歩きし始める。それは時に、娘が父を城から締め出す忘恩の門になり、陰謀に陥った者を捕らえる刺股になり、さらには人を殺める剣にさえなる。それとともに、リアの王国は滅びていき、彼の現実も崩れていく。闇に包まれた舞台の上に散乱した竹竿の周りに、累々と屍が横たわるさまは、一つの世界が崩壊し去った後の廃墟を思わせずにはおかない。

2015年1月30日と2月1日の二日にわたり広島市のアステールプラザ中ホールで、Hiroshima Happy New Ear Operaの二回目の公演として行なわれた、細川俊夫のオペラ《リアの物語》の16年ぶりとなる日本での再演は、このように能舞台で、最小限の装置を最大限に駆使する演出の下で行なわれた。能に触発されながら振り付けや舞台演出を続けていて、サントリーホールでの細川の《班女》の上演の演出を手がけたこともあるルーカ・ヴェジェッティによる演出は、能舞台の空間と能そのものの形式性を生かすかたちで、視覚的な人物の動きと装置の機能を必要最小限に止めながら、その象徴性を最大限に高めることで、観客の見立てによって開かれる空間のなかに、人物の情動を凝縮させようとするものだったと言えよう。

こうした演出を実現するために、出演者のみならず、舞台スタッフにも相当な苦労があったことが偲ばれるが、それによって能の精神が新たなかたちで生きるなか、恐ろしいまでの静けさに貫かれた舞台が現出したと言えよう。全曲にわたって、ほぼすべての登場人物を舞台上に留める行き方も、人間関係を空間的に暗示する能の舞台に通じるものであった。そして何よりも、能舞台に相応しく、リアの脳裡に浮かぶ幻影として、霊魂としての人物を象徴化される──その際、LEDライトが効果的に機能していた──ことによって、みずからの世界を自分の手で破滅させる人間の闇──それは悪として、狂気として、さらには人間そのものの盲目として現われる──が仮借なく掘り下げていたのが印象深かった。

このように簡素にして凝縮度の高いヴェジェッティの演出がもたらす静けさに貫かれた舞台が、細川の音楽を最大限に生かすものであったことも特筆されるべきであろう。闇のなかから、そして沈黙のなかから、細川の書としての歌が響いてくる。それが生の息吹を伝えながら、ひと筋の光を舞台に投げ掛けるとともに、登場人物のうちにある情動の振幅を聴き手に伝えていたのには、深く心を動かされないわけにはいかなかった。このような音楽を統率した川瀬賢太郎の指揮は、スコアの細部に目を配りながら、細川の音楽の一貫した息遣いを見事に捉えて間然することがない。川瀬の指揮の下、広島交響楽団のメンバーも、緊密なアンサンブルで、細川の音楽の凄まじいまでの強度を余すことなく伝えていた。その演奏には、細川の音楽への深い理解が滲み出ている。なかでも、フルートとクラリネットの奏者、それに打楽器奏者は、さまざまな楽器の音色を細やかに使い分けながら、細川の音楽の書の線としての動きや、それを貫く緊張を見事に響かせていた。

歌手のなかでは、16年前の日本での上演でもリアの役を歌ったマレク・ガシュテッキが、傑出した歌唱を示していた。彼の低い声の力もさることながら、それとリアの狂気を表わすファルセットのあいだを、音程のない語りなどを交えつつ間断なく行き来して、一つの歌を聴かせる力には目を見張るものがあった。何よりも、コーディーリアの遺骸を前にした最後のモノローグは、人間の愚かさがもたらした一つの世界の破局を圧倒的な力で突きつけながら、それに対して聴衆の眼を開くものだった。竹の棒に付いた羽飾りを揺らす姿が象徴するように、父から継承した王国を弄ぶように策を弄し、それにみずから陥っていくリアの上の二人の娘の役を歌った、藤井美雪と半田美和子の歌唱も特筆に値する。ゴネリル役を歌った藤井は、深い、安定感のある声で、この長女の底意地の悪さとして表われる、父親や妹に対する複雑な思いを、見事な存在感で示していた。また、リーガンの役を歌った半田が、澄んだ声と繊細な表現、そして時に見せる突き刺すような叫びで、気性の激しいこの次女の心情の起伏を、その襞を含めて余すところなく伝えていたのも感銘深かった。

この三人以外のほか、エドガー役を歌った山岸玲音も忘れがたい。狂気を装いながら、父グロスターへの愛情を隠すことができない、しかも矜恃を持って生き抜こうとする姿を、声の音色を細やかに使い分けながら、またしなやかな身体表現とともに演じていたのが印象に残る。エドガーの思いがグロスターに通じたかのように、両目を潰された彼がエドガーに促されながら死から生へ向きを変える瞬間には、現実の世界で人々が体験しつつある破局のなかの微かな希望が閃いているのかもしれない。コーディーリアの役を歌った柳清美も、澄みきった、しかも力強い声で、この末娘の一途さを見事に伝えていた。彼女がずっと能舞台の橋掛かりに佇む姿は、世界の崩壊を静かに見つめる今回の舞台の眼差しを象徴しているようにも思えた。他の歌手たちも、舞台をしっかり引き締めていた。

二回の公演を観たが、初日よりも楽日の演奏のほうが闊達で、音楽にも奥行きが生まれていたように思われたが、そのぶんいくつか綻びが生まれていたのが惜しまれる。とはいえ、全体として、細川の最初のオペラであり、かつ劇的な緊張が他のどのオペラよりも際立つ《リアの物語》を、音楽の強度を発揮させつつ、能に触発されたその美質を、能舞台に生かすかたちで広島で上演できたことには、画期的な意義があると考えられる。この《リアの物語》ではしばしば、強烈な打撃音によって時の流れが断ち切られる瞬間から歌が響き始めるが、細川が「垂直的な時間」と呼ぶその瞬間は、能舞台においてはまさに生者の世界の裂け目であり、また死者の魂が幻となって回帰する間でもある。もしかすると、そこには70年前の広島で世界の崩壊のただなかに置かれた魂が回帰していたのかもしれない。観客のなかには、風のような響きのなかに、嘆く声のような音を聴いた人もいたと聞く。今回の広島での《リアの物語》の公演は、世界が崩れ落ちていくなかに強い歌を響かせることで、死者の魂と生者の魂が共鳴し、応え合う時空を、死者とともに生きる場として開くという、この節目の年の芸術的表現の可能性を指し示すものでもあったと思えてならない。

Hiroshima Happy New Ear Opera II:細川俊夫《リアの物語》公演flyer

Hiroshima Happy New Ear Opera II:細川俊夫《リアの物語》公演flyer

[上記のように、2015年1月30日と2月1日にアステールプラザの能舞台を使って行なわれた、Hiroshima Happy New Ear II:細川俊夫《リアの物語》の公演を、主催組織であるひろしまオペラ・音楽推進委員会の委員の一人として、プログラム・ノートを執筆し、日本語字幕の制作に携わり、プレ・トークとアフター・トークの司会を務めるかたちでお手伝いさせていただきました。こうしたかたちで今回の公演に関わることができたことを、非常に光栄に思っています。このような立場ではありますが、今回の公演に接して率直に考えたところを書き留めておいた次第です。来場してくださった方々が公演を振り返る際の一助になれば幸いです。文中の敬称は省略しました。]

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中