連続講演会「ベンヤミンの哲学」のお知らせ

パウル・クレー《新しい天使》/Paul Klee, »Angelus Novus«, 1920 [Public Domain]

パウル・クレー《新しい天使》/Paul Klee, »Angelus Novus«, 1920 [Public Domain]

早いもので四月も下旬となりました。からりと晴れたかと思うと嵐のような雨風が襲来したりと気候不安定な日々が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。新しい年度が始まり、いつにない緊張感をもって仕事や勉学に臨んだ疲れが出る頃かもしれません。体調に気をつけたいものです。

さて、このたび東京ドイツ文化センター図書館のご尽力により、拙著『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社、2014年)の内容を基に、ヴァルター・ベンヤミンの思想を紹介する、3回シリーズの講演の機会をいただきました。「ベンヤミンの哲学──言語哲学と歴史哲学」というテーマの下、20世紀前半の危機に向き合いながら、文筆家として多彩な活躍を示したこの希有な思想家の思考を解きほぐしながら、その著作をこの危機の時代に読み直す意義に迫ることができればと考えております。

拙著『ベンヤミンの言語哲学』では、ベンヤミンがパウル・クレーの水彩画《新しい天使》を手に入れて以来、生涯の節目ごとにその著作のうちに描き出した天使の像を、言語の本質へ向かうベンヤミンの思考の像として見据えながら、彼の青年期から早過ぎた晩年に至る思考のうちに、言語をその本質から捉え返しながら言語の可能性を照らし出そうとする一貫した言語哲学を見て取ろうと試みました。今度の連続講演では、そのような拙著の視点を生かしながら、ベンヤミンの哲学的思考を、そのアクチュアリティにおいてお伝えしたいと願っております。第1回ではベンヤミンの生涯と著作を概観し、第2回では彼の言語哲学を、第3回では彼の歴史哲学を中心にお話しするつもりです。各回の詳細につきましては、東京ドイツ文化センターの催し物情報をご覧ください。

拙著『ベンヤミンの言語哲学』の書影です。あらかじめ読んでいただけたら幸甚です。

拙著『ベンヤミンの言語哲学』の書影です。あらかじめ読んでいただけたら幸甚です。

ベンヤミンは、死者でもある他者に応えながら言葉を生き抜く道筋を、翻訳という視点から示すとともに、そこに内在する過去の想起の働きから歴史そのものを捉え直す可能性を指し示しています。そのような彼の哲学を、放射能によって生そのものが根幹から蝕まれようとするなか、戦死を含む死に至るまで生命が絞り取られようとしている危機的な状況に立ち向かいながら、他者とともに生きることを言葉をもって深く肯定する余地を今ここに切り開く思考──それはベンヤミンがさまざまな場所で論及しているように、立ち止まることから始まることでしょう──のきっかけをもたらすものとしてご紹介することを目指したいと思います。

ベンヤミンの文学的著作や思想に、あるいは哲学そのものに関心をお持ちの方が数多く参加してくださることをお待ちしております。今の状況のなかで少し立ち止まって考えてみたいと思われる方のご参加も、もちろん歓迎いたします。ディスカッションのなかで、さまざまな関心を交換しながら、ベンヤミンを読み直す可能性を探ることができればよいのではないでしょうか。

講演会は、7月31日、8月28日、9月25日のいずれも金曜日の18:30より開催されます。会場は、東京ドイツ文化センター(ゲーテ・インスティトゥート)2階の図書館です。参加費は無料です。参加をご希望の方は、東京ドイツ文化センター図書館に、Eメール(yoshitsugu[アットマーク]tokyo.goethe.de)かお電話(03-3584-3203)でお申し込みください。みなさまのお越しを心からお待ち申し上げております。

広告

連続講演会「ベンヤミンの哲学」のお知らせ」への2件のフィードバック

  1. 一昨日のことになりますが、上記の連続講演会「ベンヤミンの哲学」の第1回「導入:ベンヤミンの生涯と著作」を何とか終えることができました。お運びくださったみなさまに心から感謝申し上げます。聴き手の熱心さがひしひしと伝わり、とても話しやすかったです。ベンヤミンの生涯を通観するかたちで話をするのは初めてでしたがよい経験になりました。次回のテーマは「ベンヤミンの言語哲学」、拙著の内容をかみ砕きながら、かつ今回の反省点も踏まえつつ、お聴きのみなさまと言葉への問いを共有できるよう努めたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

    いいね

  2. 上記の連続講演会「ベンヤミンの哲学」の言語哲学をテーマとする第2回を、多くの方の熱心なご参加のおかげで盛況のうちに終えることができました。ぐずついた天気のなかお越しくださったみなさまに心から感謝申し上げます。濃密な内容のご質問をいただいて、とても勉強になりました。次回のテーマは歴史哲学。今を生きるなかで歴史とは何かを考える場にできればと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中