Chronicle 2018

IMG_0331

秋の夕暮れ時の大田川放水路

師走を迎えても冬とは思えない生暖かい日が続いていましたが、年の瀬に来て急に冷え込んできました。ここ二、三日広島でも雪がちらついています。お変わりなくお過ごしでしょうか。突然の雪の影響を受けた方もおられることでしょう。お見舞い申し上げます。それにしても、今年の気候、とくに夏の気候は異常でした。そのなかで、200人を超える犠牲者を出した7月の西日本の豪雨災害が起きたわけですが、それは広島の人々の生活にも大きな爪痕を残すことになりました。ここへ来てようやく交通網のほとんどが復旧したとはいえ、多くの被災者が今も生活再建がままならない状況に置かれていますし、何よりも未だに行方の分からない人々がいることが痛ましく思われます。先日被害の大きかった東広島市の黒瀬町から熊野町に至る地域に通りがかりましたが、巨大な土砂崩れの跡を前に愕然としました。

このように、毎年のように起こる大きな災害に曝されて生きるこの列島の人々に対する政権担当者の眼差しは、冷ややかなものと言わざるをえません。ヴォランティアの活躍は目覚ましかったとはいえ、災害の初動的な対応をここまで自発的な協力に頼らざるをえない状況や、最低限のプライヴァシーも守られないような避難所の生活環境などを見るにつけ、憲法に定められているような生活を、いかなる状況においても守ることに対する責任感が、普段の税金の使い方として表われていないと感じます。それどころか、つねに地震や火山の爆発、そして台風などによる豪雨の危険のなかで生きていかざるをえない列島の人々の一人ひとりの命を、とくに政権の中枢にいる人々は尊重していないのではないでしょうか。そのことは、停止していた原子力発電所の再稼働を次々と進める動きに、端的に表われていると思われます。

それどころか、現在の政権担当者は、そもそも人の命を軽んじているとしか思えません。そのことは、12月27日になって、駆け込みのように2名の確定死刑囚に対する死刑を執行したことに、凝縮されたかたちで表われているのではないでしょうか。このやり方は、すべてをなし崩しにして前例を作ろうとする現政権の遣り口の延長線上にあります。この日国家に殺された一人は、再審請求中だったとのことです。そして、今年一年のあいだに死刑になった人々は、15名に及びます。このことは、日本における生゠政治──それは「活躍」させるという意味で生かすことでしょう──が、マイノリティに対する幾重もの差別を孕みながら、死なせる政治と一体になっていることを象徴しています。現在の社会の息苦しさは、すぐに死なせるか、緩慢に死なせるかという二者択一の下にある収容所のそれに重なりつつあります。

こうした問題すべてが、例えば今年その組織の幹部が死刑執行の対象になったオウム真理教の問題のような、比較的近い過去の問題を含め、過去の出来事が今に問いかけるものを受け止めてこなかったことに起因しているように思われてなりません。今や、人を死ぬまで使い尽くそうとする暴力を、それにじかに曝されている者自身が内面化し、それを他者に振り向けている姿すら、しばしば目にします。このような社会に、どのように息を通わせる回路を探りうるのでしょうか。この問いに取り組むためには、まずはほとんど絶望的な状況に目を凝らすほかありません。そのことは、死者のことを忘れないことと表裏一体であると思われます。今夏、こうした問題意識の一端を、8月11日付の中國新聞の「今を読む」欄で、「記憶に刻む『7月26日』」と題してお伝えする機会に恵まれたのは、大変ありがたいことでした。

371906このほか今年は初夏に、岩波書店の雑誌『思想』2018年7月号に、「抑圧された者たちの伝統とは何か──ベンヤミンの歴史哲学における歴史の構成と伝統」と題する論文を発表する機会にも恵まれました。このヴァルター・ベンヤミン特集号には、企画段階から関わっておりましたが、これを世に送ることができたのは、今年最も手応えを感じた仕事でした。これも、力のこもった論文や翻訳を寄稿してくれた研究者の方々と『思想』編集部、そして読者の方々のおかげです。あらためて感謝申し上げます。この7月号は、思想誌としては異例の売れ行きを示したとのことです。ここに示されるベンヤミンの思想に対する関心に、少しでもお応えする仕事を、来たる年も続けたいと考えております。今年は、他に三種類の共著書や雑誌に、哲学と美学にまたがる研究の成果を示す論文を発表させていただきました。

スキャン今年は、1月末の広島でのオペラ《班女》の公演から、細川俊夫さんの芸術に関わって仕事をさせていただく機会が数多くありました。それをつうじて多くを学び、考えることができました。刺激に満ちた機会をいただいたことを心より感謝しております。とくに2月に行なわれた新国立劇場での《松風》の日本初演を、ささやかながらお手伝いさせていただいたことは、とても重要な機会となりました。細川さんは、今年度の国際交流基金賞を、作家で詩人の多和田葉子さんとともに受賞されましたが、これを記念する催しでの対談のモデレーターを務めたことも心に残ります。その時が初めてだったというお二人のコラボレーションが、新たな作品のかたちで、近い将来に実現することを願ってやみません。

omote_osaka27月1日にシュトゥットガルトで、細川さんのオペラ《地震・夢》の世界初演を観たことは、貴重な経験となりました。これやハンブルクでのペーター・ルジツカのオペラ《ベンヤミン》の公演など、今年いくつもの印象深い舞台や演奏会に接することができたのは幸いでした。なかでも、4月15日に大阪で聴いたマリア・ジョアン・ピレシュの公開の場では最後のリサイタルは、忘れがたいものになりました。後半で演奏されたベートーヴェンの最後のピアノ・ソナタの第2楽章で、透徹した歌が変奏を重ねながら連綿と紡がれる様子は、彼女の芸術の到達点を示すものだったと思われます。先に触れた《班女》の公演をはじめ、私も委員を務めるひろしまオペラ・音楽推進委員会が主催するオペラの公演や演奏会は、いっそう密度の濃いものになりつつあります。来年もお誘い合わせのうえお運びいただけたら幸いです。

maruki_flyer_jp-1-283x400今年は、広島市現代美術館で開催された「交わるいと──『あいだ』をひらく術として」や、「丸木位里・俊──《原爆の図》をよむ」といった、とくに20世紀以後の日本の美術に関する印象深い展覧会を観ることができたのは幸いでした。これと関連して、つい最近福岡アジア美術館で観た「闇に刻む光──アジアの木版画運動1930s–2010s」は、とくに刺激的でした。1930年代に魯迅が火付け役となった木版画の運動が、中国周辺のアジア各地に、そして戦前から戦後にかけての日本にも入ってくる様子が、いくつもの媒体を横断するかたちで描き出されたこの展覧会からは、ベンヤミンの美学と、魯迅の文芸を貫く思想とを、木版画運動を視野に収めたかたちで、媒体の発見ないし創造という観点から照らし合わせるという課題も得られた気がします。来たる年も、今年以上に精進を重ねて、力の及ぶ限りよい仕事をお届けしたいと考えております。変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします。

■Chronicle 2018

  • 1月10日:新国立劇場での細川俊夫《松風》日本初演のプレ・イヴェントとして国立能楽堂で開催された「能とオペラ──『松風』をめぐって」と題する座談会に参加しました。
  • 1月10日:原爆の図丸木美術館の『原爆の図丸木美術館ニュース』に、川口隆行編著『〈原爆〉を読む文化事典』(青弓社、2017年)の書評「〈原爆〉を読み継ぐことへの誘い──川口隆行編著『〈原爆〉を読む文化事典』書評」が掲載されました。
  • 1月13日:カフェ・テアトロ・アビエルトで開催された佐藤満夫、山岡強一監督の映画『山谷 やられたらやりかえせ』と佐藤零郎監督の映画『月夜釜合戦』の上映会における座談会に参加しました。
  • 1月16日:広島市現代美術館で開催された小森はるか+瀬尾夏美「波のした、土のうえ」巡回展のスピンオフ企画として、Social Book Caféハチドリ舎で開催されたトーク・セッション、ナイトトーク「仙台から/広島から」の進行役を務めました。
  • 1月25日:形象論研究会の雑誌『形象』第3号に、「形象の裂傷──ショアーの表象をめぐるフランスの議論が問いかけるもの」と題する論文が掲載されました。クロード・ランズマンの映画『ショアー』とともに提起されたショアー(ホロコースト)の「表象不可能性」の問題に触れたフランスの哲学者、ジャック・ランシエール、ジョルジュ・ディディ゠ユベルマン、ジャン゠リュック・ナンシーの議論を辿り、それがイメージそのものにどのような問いを投げかけているかを検討する内容です。
  • 1月27/28日:Hiroshima Happy New Ear Opera IIIとしてJMSアステールプラザの中ホールの能舞台を用いて行なわれた細川俊夫《班女》の公演のプログラムに、「夢と現、狂気と正気のあわいで──能からのオペラへの転換点としての細川俊夫の《班女》」と題するプログラム・ノートが掲載されました。両日の終演後のトーク・セッションの進行役も務めました。
  • 2月15/16/17日:新国立劇場で開催された細川俊夫《松風》の日本初演のプログラムに「岸辺からの〈うた〉──『松風』への、そして『松風』からの細川俊夫の音楽の歩み」と題するエッセイが掲載されました。中日の公演の終演後に行なわれた、細川さんと、振付師で今回の上演を演出したサシャ・ヴァルツさんを迎えてのトーク・セッションの進行役も務めました。
  • 2月23日:京都工芸繊維大学工繊会館で開催された形象論研究会の特別研究会「イメージの人間学/人類学」において森田團さんの発表「心的装置と幻覚──フロイトにおけるイメージの起源」に対するコメンテイターを務めました。
  • 3月16日:大阪大学美学研究室の雑誌『a+a美学研究』第12号の「シアトロクラシー」特集に「音楽゠劇(ムジーク゠テアーター)の批判的構成のために──ベンヤミンとアドルノの美学を手がかりに」と題する論文が掲載されました。アドルノの『ヴァーグナー試論』の議論を、現在のオペラの文化的現象に当てはまるものとして捉えつつ、そこに含まれる観客支配制の問題にも論及したうえで、モーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》と細川俊夫の《リアの物語》を、従来のオペラが表象してきた「人間」の像からはみ出す人間の深淵にある力を響かせるオペラとして論じました。
  • 4月〜7月:広島市立大学国際学部の専門科目として、共生の哲学I、社会文化思想史II、専門演習I、卒論演習I、そして多文化共生入門と国際研究入門の一部を担当しました。国際研究入門ではコーディネーターも務めました。全学共通系科目の平和と人権Aの1コマも担当しました。大学院では、全研究科共通科目の人間論A、国際学研究科の現代思想Iを担当しました。広島大学の教養科目である戦争と平和に関する学際的考察でも、2コマの講義を担当しました。
  • 5月18日:JMSアステールプラザのオーケストラ等練習場で開催されたHiroshima Happy New Ear XXV「魔術としての音楽」の終演後のトークの進行役を務めました。
    5月19日:廿日市市文化ホールさくらぴあ小ホールで開催された第17回「五月の風」室内楽合同発表会でモーツァルトの弦楽四重奏曲第17番変ロ長調「狩」を演奏(ヴィオラ)しました。
  • 7月5日:岩波書店の雑誌『思想』2018年7月号の「ヴァルター・ベンヤミン」特集に、「抑圧された者たちの伝統とは何か──ベンヤミンの歴史哲学における歴史の構成と伝統」と題する論文が掲載されました。ベンヤミンが「歴史の概念について」のなかで提起している「抑圧された者たちの伝統」の概念が、経験の崩壊と、それによる旧来の伝統の破産を踏まえたところから論じられていることを浮き彫りにしたうえで、この来たるべき伝統に対する彼の問題意識とともに、それがどのような歴史の姿を示唆しているかを、歴史叙述における非連続性の意義に触れるかたちで論じる内容です。
  • 8月11日:中國新聞朝刊の「今を読む」というオピニオン欄(6面)に「記憶に刻む『7月26日』」と題する論考が掲載されました2016年7月26日に虐殺された、そして今もその名を知ることができない19名の死者を思うところから、今年の7月26日に重なって起きたオウム真理教の元幹部に対する死刑執行をはじめとする出来事について考えたことを記しました。
  • 9月1日:原爆の図丸木美術館で開催された音筆舎と同美術館の共催によるシンポジウム「『戦争/暴力』と人間──美術と音楽が伝えるもの」の司会とコメンテイターを務めました。
  • 9月14日:第29回武生国際音楽祭の国際作曲ワークショップにて、「〈こだま〉の変容──〈こだま〉としての〈うた〉へ」というテーマのレクチャーを行ないました。「かたる」ことと「うたう」ことのつながりを踏まえつつ、「こだま」の概念を手がかりに、現代において「うたう」余地を探る視点を提示しました。
  • 9月22/23日:JMSアステールプラザ大ホールで開催されたひろしまオペラルネッサンスのモーツァルト《イドメネオ》の公演プログラムに、「戦いの後に生きる人間のオペラの創造──モーツァルトの《イドメネオ》によせて」と題するプログラム・ノートが掲載されました。
  • 9月29日:兵庫県私学会館で開催された神戸・ユダヤ文化研究会の2018年度第2回文化講座で、「天使の変貌──ベンヤミンにおける言語と歴史をめぐる思考の像」と題する講演を行ないました。
  • 10月〜2019年2月:広島市立大学国際学部の専門科目として、共生の哲学II、社会文化思想史I、専門演習II、卒論演習IIを担当しています。全学共通系科目として、哲学Bも担当しています。大学院国際学研究科では、現代思想IIを担当しています。これに加え、広島大学の教養科目哲学Aを担当しました。
  • 10月3日: 東琢磨、仙波希望、川本隆史(編)『忘却の記憶 広島』(月曜社)に、「記憶する言葉へ──忘却と暴力の歴史に抗して」と題する論文が掲載されました。聞く耳を持たないかたちで「ヒロシマ」を「発信」し、「平和」を訴える身ぶりのうちにある権力への同一化を問題にしたうえで、それを内側から乗り越える可能性を、「歴史」による忘却に被われた場所から記憶を細やかに掘り起こす詩的言語のうちに探るものです。
  • 10月16日:ホテルオークラ東京で開催された2018年度国際交流基金賞授賞式にて、受賞者の細川俊夫の音楽と作曲活動を紹介するスピーチをさせていただきました。
  • 10月18日:JTアートホールアフィニスで開催された、2018年度の国際交流基金賞を多和田葉子さんと細川俊夫さんが受賞されたのを記念しての催し「越境する魂の邂逅」の前半で、お二人の公開の場では初めての対談のモデレーターを務めました。
  • 11月3日:フタバ図書MEGA祇園中筋店で開催された『忘却の記憶 広島』の編者東琢磨さんと仙波希望さんを迎えてのトーク・イヴェントの聞き手役を務めました。
  • 12月1日:2016年4月から2018年3月までの二年間の広島における/をめぐる美術の動きがまとめられた『美術ひろしま30』に、昨年春に広島市現代美術館で開催された「殿敷侃:逆流の生まれるところ」の展覧会評が掲載されました。
  • 12月14日:JMSアステールプラザのオーケストラ等練習場で開催されたHiroshima Happy New Ear XXVIの終演後のトークの進行役を務めました。
  • 12月26日:国際交流基金のウェブ・マガジン『をちこち』に、「魂の息吹が交響する場を開く作品の予感 ──2018年度国際交流基金賞受賞記念イベント「越境する魂の邂逅」における文学と音楽の共鳴に接して」と題するエッセイが掲載されました。2018年10月18日にJTアートホールアフィニスで開催された2018年度の国際交流基金賞の受賞記念イヴェント「越境する魂の邂逅」を報告するものです。この催しに先立つ授賞式における今年度の受賞者、作曲家の細川俊夫さんと作家の多和田葉子さんのスピーチに触れながら、それぞれの近作を紹介したうえで、進行役を務めた前半の対談の内容と、後半の音楽と朗読の共鳴の様子を紹介しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中