「くちづけ──現代音楽と能」を聴いて

53570254_2329870843731941_7859440378133348352_n去る3月9日に東京文化会館の小ホールで、日本とハンガリーが外交関係を結んで150年になるのを記念して開催された演奏会「現代音楽と能──くちづけ」を聴くことができました。何よりも、細川俊夫さんの《線VI》を挟んで、エトヴェシュ・ペーテルの《HARAKIRI》と《くちづけ》の実演に接することができたのが嬉しかったです。45年の時を隔てて書かれたこれらの作品の対照的な性格を、とくに興味深く聴かせていただきました。これらの演奏に先立ち、中堀海都とバログ・マーテーという、日本とハンガリーの若い作曲家の作品の世界初演がありました。

三島由紀夫の割腹自殺の報に触発されて書かれたバーリント・イシュトヴァーンの寓意的な詩を用いた《HARAKIRI》は、一見「腹切り」とは無関係に見える営みが語られるなかに、自死への歩みとは何かが、声と器楽が呼応するなかにひたひたと迫ってくる作品と言えるでしょう。青木涼子さんの謡は、とくに「七枚の布団」を親しい人に分けようと思うなかで、死へ向かう者の狂気が徐々に高まっていく過程を、胸に迫るかたちで伝えていました。

声の変化もさることながら、さりげない前後の動きも、情景が禍々しさを増していくのを説得的に伝えていたと思います。青木さんの顔を面を被っているかのように浮かび上がらせる照明も効果的でした。謡を支えるバス・クラリネットの二重奏が、たゆたうような後奏に至るまで一つの流れを形づくるなか、木を叩く音が死への時を刻んでいくのも印象深かったです。これらの響きに耳を傾けながら、ある軍人の夫妻の自殺の過程を描いた三島の小説を思い出していました。

1973年に書かれた《HARAKIRI》という作品からは、バルトークの《中国の不思議な役人》のような作品とも通底するような象徴性が感じられますが、アレッサンドロ・バリッコの小説『絹』に想を得て2018年に書かれた《くちづけ》は、声と器楽を巧みに生かして、絹を求めてフランスから日本に来た商人の心に深く刻み込まれることになる情景を明瞭に描き出しながら、そのなかに「くちづけ」をめぐる心の動きを細やかに響かせる作品と思われます。

ここでも青木さんの声が、茶器を介した「くちづけ」の場面に繰り広げられるドラマを伝える決定的な役割を果たしていました。とりわけ、語りから謡への移行の瞬間が非常に魅力的で、唇の付けられた茶碗へと手を伸ばすところにある胸の高まりに聴き手を引き込んでいました。商人と一度限りの「くちづけ」を交わす少女のどこか神秘的な魅力と、まっさらな絹を一つながらに象徴するかのような衣裳も、今回の舞台に相応しく思われました。

器楽がこのモノ・ドラマを形づくるうえで重要な役割を果たしていることも、表現力豊かな演奏から伝わってきました。なかでも、斎藤和志さんのフルートの音色と、神田佳子さんのパーカッションのパフォーマンス(バス・ドラムにテープを貼って剝がすことも含めて)は、持続のなかの変化を魅力的に伝えていたと思います。神田さんは、細川さんの打楽器独奏のための《線VI》で、空間に線が描き出されていく動きを、文字通り全身で表現していました。

演奏会の前半に初演された二人の作曲家の作品も、それぞれに魅力的でした。マーテーさんの作品におけるクロマティック・タムタムと器楽の対話の求心性と、中堀さんの作品における、霧のような響きのなかから風景が展開していく音楽の豊かな広がりは、一見対照的ですが、いずれも一つの世界に沈潜していく冥想的な性格を示している点、興味深かったです。このことが独特の美しい響きに結実していることは、二人の作曲家がすでに洗練された語法を確立しつつあることを感じさせます。他方で、今見つめている世界を突き抜けるような何かを、時間的にも凝縮された作品に結びつけられるなら、二人は新たな時代を切り開く音楽を届けられるのでは、とも感じました。

今回の「現代音楽と能〜くちづけ」のプログラムに、「閾(しきい)を開く声──青木涼子の謡の展開によせて」と題する小文を寄稿させていただきました。この演奏会が示したように、現代音楽と協働しながら、彼岸と此岸の閾を開き、うたう可能性を開拓し続けている彼女の活動を、パリでの細川さんの《二人静》の初演のことを含めてお伝えする内容のものです。これを振り返る機会をくださった関係者のみなさまに心から感謝しております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中