連続講演会「ベンヤミンの哲学」のお知らせ

パウル・クレー《新しい天使》/Paul Klee, »Angelus Novus«, 1920 [Public Domain]

パウル・クレー《新しい天使》/Paul Klee, »Angelus Novus«, 1920 [Public Domain]

早いもので四月も下旬となりました。からりと晴れたかと思うと嵐のような雨風が襲来したりと気候不安定な日々が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。新しい年度が始まり、いつにない緊張感をもって仕事や勉学に臨んだ疲れが出る頃かもしれません。体調に気をつけたいものです。

さて、このたび東京ドイツ文化センター図書館のご尽力により、拙著『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社、2014年)の内容を基に、ヴァルター・ベンヤミンの思想を紹介する、3回シリーズの講演の機会をいただきました。「ベンヤミンの哲学──言語哲学と歴史哲学」というテーマの下、20世紀前半の危機に向き合いながら、文筆家として多彩な活躍を示したこの希有な思想家の思考を解きほぐしながら、その著作をこの危機の時代に読み直す意義に迫ることができればと考えております。

拙著『ベンヤミンの言語哲学』では、ベンヤミンがパウル・クレーの水彩画《新しい天使》を手に入れて以来、生涯の節目ごとにその著作のうちに描き出した天使の像を、言語の本質へ向かうベンヤミンの思考の像として見据えながら、彼の青年期から早過ぎた晩年に至る思考のうちに、言語をその本質から捉え返しながら言語の可能性を照らし出そうとする一貫した言語哲学を見て取ろうと試みました。今度の連続講演では、そのような拙著の視点を生かしながら、ベンヤミンの哲学的思考を、そのアクチュアリティにおいてお伝えしたいと願っております。第1回ではベンヤミンの生涯と著作を概観し、第2回では彼の言語哲学を、第3回では彼の歴史哲学を中心にお話しするつもりです。各回の詳細につきましては、東京ドイツ文化センターの催し物情報をご覧ください。

拙著『ベンヤミンの言語哲学』の書影です。あらかじめ読んでいただけたら幸甚です。

拙著『ベンヤミンの言語哲学』の書影です。あらかじめ読んでいただけたら幸甚です。

ベンヤミンは、死者でもある他者に応えながら言葉を生き抜く道筋を、翻訳という視点から示すとともに、そこに内在する過去の想起の働きから歴史そのものを捉え直す可能性を指し示しています。そのような彼の哲学を、放射能によって生そのものが根幹から蝕まれようとするなか、戦死を含む死に至るまで生命が絞り取られようとしている危機的な状況に立ち向かいながら、他者とともに生きることを言葉をもって深く肯定する余地を今ここに切り開く思考──それはベンヤミンがさまざまな場所で論及しているように、立ち止まることから始まることでしょう──のきっかけをもたらすものとしてご紹介することを目指したいと思います。

ベンヤミンの文学的著作や思想に、あるいは哲学そのものに関心をお持ちの方が数多く参加してくださることをお待ちしております。今の状況のなかで少し立ち止まって考えてみたいと思われる方のご参加も、もちろん歓迎いたします。ディスカッションのなかで、さまざまな関心を交換しながら、ベンヤミンを読み直す可能性を探ることができればよいのではないでしょうか。

講演会は、7月31日、8月28日、9月25日のいずれも金曜日の18:30より開催されます。会場は、東京ドイツ文化センター(ゲーテ・インスティトゥート)2階の図書館です。参加費は無料です。参加をご希望の方は、東京ドイツ文化センター図書館に、Eメール(yoshitsugu[アットマーク]tokyo.goethe.de)かお電話(03-3584-3203)でお申し込みください。みなさまのお越しを心からお待ち申し上げております。

小著『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』を上梓しました

『ベンヤミンの言語哲学』書影

帯背コピー:天使の像に結晶した思想の軌跡を追う

このたび『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』と題する小著を、平凡社から上梓しました。初版第1刷発行日の日付は2014年7月15日、ヴァルター・ベンヤミンの122回目の誕生日に当たります。このような日に、ベンヤミンの思想を細々とながら研究してきた成果を世に送り出せることを、大変嬉しく思っております。ここまで導いてくださった方々のお力添えに、心から感謝申し上げます。以下、本書の特徴をごく簡単にご紹介いたします。

ベンヤミンを論じた他の多くの書物と同様に、本書の表紙には、彼が20年にわたって私蔵していたパウル・クレーの《新しい天使》を掲げましたが、このことは、本書の視座を暗示しています。本書は、この絵を手に入れて以来、ベンヤミンが生涯の節目ごとにその著作に描き出した天使の像を、言語の本質へ向かう彼の思考の結晶と捉える視点から、彼の青年期から晩年に至る思考のうちに一貫した言語哲学を見て取ろうとする試みを記したものです。1916年、第一次世界大戦のさなかに書かれた初期の論考「言語一般および人間の言語について」から、死の年の1940年、今度は第二次世界大戦の嵐が押し寄せて来るなかで記された「歴史の概念について」のテーゼに至るまで、ベンヤミンは、これらの戦争を引き起こすに至った時代の趨勢に抗いながら、また言語を覆う神話的な前提を掘り崩しながら、言語そのものを突き詰め、その可能性を追求していたと考えられます。

そのような言語の本質の探究は、何よりも、鋭敏な批評眼と繊細な感性を兼ね備えた著述家にして翻訳家であったベンヤミン自身の言葉が研ぎ澄まされることと軌を一にしていたわけですが、それは同時に、言葉を生きることを深く肯定する道筋を探るものでもありました。彼の思考は、言葉そのものが、死者でもある他者と、あるいは儚い事物と呼応する生命の息遣いとして、翻訳とともに発せられる言語の生成の相を見据えながら、犠牲を美化する神話としての歴史に抗して、想起とともに一つひとつの生を肯定する歴史を語る言葉を見いだそうとしているのです。「翻訳としての言語、想起からの歴史」という本書の副題には、このように、言葉を発すること自体を翻訳することと捉え、過去の出来事が思い起こされるなかから──従来の「歴史」を転換させるような──歴史を語る可能性を追求する、ベンヤミンの思考を浮き彫りにしようという意図が込められています。

天使の像に結晶するベンヤミンの言語哲学を辿る本書は、図らずも、他者の存在そのものを否認する暴力のために、記号としての言葉が撒き散らされ、他者の心身に癒しがたい傷を負わせた出来事の記憶を否認する暴力として、神話としての歴史が喧伝される、危機的な状況のただなかへ送り出されることになりました。本書は、博士学位論文を基にした、ベンヤミンの思想についての研究書ではありますが、そこに織り込まれた、言語自体の歓待性と創造性に触れた議論が、あるいは想起にもとづく新たな歴史を生きることへ向けた議論が、もしわずかなりとも、この深刻な危機のなかに、他者たちのあいだで、他者たちとともに、死を強いられることなく言葉を生き抜く突破口を切り開く契機となるならば、著者としてこれ以上の幸いはありません。

このように本書は、ベンヤミンの言語哲学の研究をつうじて、言語と歴史への一つの視点を提示しようとするものではありますが、申し上げるまでもなく、そこにはベンヤミンの思想の研究という点でも、言語と歴史についての哲学的思考という点でも、不十分なところが数多く残っていることでしょう。ご一読のうえ、そうしたところを、今後の課題とともに忌憚なくご指摘いただければ、これからの研究へ向けて何よりの励みとなります。以下に、本書の目次を掲げておきます。内容を推し量る際の目安としていただければと思います。

『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』目次

はしがき

序章 ベンヤミンの言語哲学の射程

  • プロローグ 天使という思考の像
  • 第一節 今、ベンヤミンとともに言語を問う
  • 第二節 ベンヤミンの言語哲学の射程

第一章 翻訳としての言語へ──「言語一般および人間の言語について」の言語哲学

  • 第一節 ベンヤミンの言語哲学をめぐる思想史的布置
  • 第二節 言語とは媒体である
  • 第三節 言語とは名である
  • 第四節 言語とは翻訳である

第二章 「母語」を越えて翻訳する──「翻訳者の課題」とその布置

  • 第一節 ディアスポラから言語を見つめ直す
  • 第二節 ベンヤミンとローゼンツヴァイクにおける言語の創造としての翻訳
  • 第三節 ディアスポラを生きる翻訳

第三章 破壊による再生──あるいは言語哲学と歴史哲学の結節点

  • 第一節 迂路を辿る言語
  • 第二節 像としてのアレゴリー
  • 第三節 言語哲学と歴史哲学の結節点

終章 歴史を語る言葉を求めて

  • 第一節 認識批判としての歴史哲学
  • 第二節 想起にもとづく歴史の言葉へ
  • 第三節 過去の像としての歴史を語る言葉
  • エピローグ 言語と歴史

参照文献一覧

あとがき

序章には、外観だけはエマニュエル・レヴィナスの『存在するとは別の仕方で、あるいは存在することの彼方に』と同じように、各章の梗概を添えました。本論では、議論の道筋が伝わるよう言葉を尽くしたつもりではありますが、もし議論の出口を見通しがたくお感じになったら、梗概をご参照いただけたらと思います。目次からもうかがえるように、ベンヤミンの言語哲学を、フランツ・ローゼンツヴァイク、ジャック・デリダといった思想家の言語についての思考との布置のなかに浮かび上がらせようとしているのも、本書の特徴の一つと言えるでしょうが、おそらくベンヤミンの言語哲学には、この二人以外に、レヴィナス、ジャック・ランシエール、ジョルジョ・アガンベンといった人々の思想とも呼応し合うところがあるにちがいありません。いずれこうした関係にも論及する機会があればと考えております。ともあれ、まずは本書『ベンヤミンの言語哲学』から、他の生ある者たちに、そして死者たちとともに言葉を生き、さらには歴史を生きる息遣いの場を開こうとする議論を読み取っていただけたらと、心から願っているところです。本書の内容に興味を持っていただき、お手に取っていただけたら幸いです。

[本書は、お近くの比較的大型の書店のほか、Amamzon.co.jp楽天ブックスhonto紀伊國屋BookwebMARUZEN & JUNKUDOエルパカBOOKSセブンネットショッピングなどでご購入いただけます。]