ベルリン通信VI/Nachricht aus Berlin VI

img_0192

秋晴れの下のジェンダルメンマルクト

ベルリンではここ数日で秋が深まった印象です。朝晩の気温が10度前後になりましたし、街路の木の葉も色づいてきたように見えます。それとともに街の雰囲気が少し落ち着いた気がしますが、それは八月の下旬頃から街の至るところに騒々しく掲げられていた選挙のポスターが、おおかた撤去されたからかもしれません。ポスターそのものは鬱陶しいですが、そこに書かれている各政党の主張は、現在この都市ないし地区で問題になっていることをそれぞれの立場から伝えていて、それはそれで興味深かったです。ベルリンでは、9月18日に当地の議会の議員を選ぶ選挙が行なわれました。ベルリンの東西を往復すると、この街に実にさまざまな背景を持った人々が暮らしていることが実感されると同時に、とくに東側が資本の力によって、幾重にも引き裂かれている感触を持たざるをえません。今回の選挙の結果は、それによって生まれた隙間に、排外主義的な主張が徐々に浸透しつつあることを懸念させるものと思われました。

さて、九月とともに、ベルリンには音楽のシーズンが到来しました。その始まりを毎年彩っているのが、Musikfest Berlin(ベルリン音楽祭)です。数多くの同時代の作品が取り上げられるこの音楽祭の演奏会を聴きに、たびたびフィルハーモニーに足を運びました。9月3日にオープニングを飾った、ダニエル・ハーディング指揮のバイエルン放送交響楽団によるヴォルフガング・リームの《トゥトゥグリ》の演奏では、フィルハーモニーの天井も床も抜けんばかりの音響のエネルギーに圧倒されました。他方で、アントナン・アルトーの晩年の詩的なテクストに触発されたこの作品の演奏においては、音楽の繊細な肌理も聞こえてきて、演奏の完成度の高さも伝わってきました。ワレリー・ゲルギエフとミュンヒェン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会では、ショスタコーヴィチの交響曲第4番の演奏に驚嘆させられました。音楽そのもののダイナミズムを、整理された演奏からはこぼれ落ちてしまう情動的なものも含めて生かしきった演奏で、時に音響がうねり狂うかのようでした。

img_0199

フィルハーモニーとその傍らに設けられたT4作戦を記憶するモニュメント

とはいえ、演奏そのもので最も強い印象を受けたのは、17日に聴いたハンブルクのアンサンブル・レゾナンツの演奏会でした。とりわけシューベルトの初期の「序曲」と交響曲第5番の演奏は、様式性と新鮮さを兼ね備えた活気溢れるもので、瞠目させられました。自発性に富む演奏を繰り広げながら、非常に透明度の高い響きを保っていました。これを指揮者なしでやってのけるのですから驚きです。シューベルトの作品に挟まれるかたちで演奏されたエンノ・ポッペとレベッカ・サウンダースの作品では、いずれも独奏楽器とアンサンブルのための曲を面白く聴きました。とくにサウンダースのチェロ協奏曲では、チェロと打楽器の対話のなかから聞こえる響きがとても多彩で、かつそれが音楽の有機的な発展とも結びついていて、印象に残りました。ポッペのヴィオラ協奏曲では、タベア・ツィンマーマンが、存在感に満ちた素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

img_0213

夕暮れ時のコンツェルトハウス

この九月には、イザベル・ファウストの素晴らしいヴァイオリンを聴くことができたのも嬉しかったです。9月2日の夜遅くにMusikfestの一環として行なわれたルイジ・ノーノの“La Lontananza Nostalgica Utopica Futura”の演奏も、電子音響ときわめて繊細な対話を繰り広げるものでしたが、22日のコンツェルトハウス管弦楽団の演奏会におけるバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番の演奏は、すべての音に必然性と生命がこもった素晴らしいものでした。考え抜かれた弓遣いとフレージングのなかから、魂の息吹を一つの風景とともに響かせるような歌が紡がれていきました。それが楽章を追うごとに熱を帯びていくのにすっかり引き込まれました。同時に、曲全体の構成を浮き彫りにする造型にも感動を覚えたところです。ヴァイオリニストと言えば、同じコンツェルトハウス管弦楽団のシーズン最初の演奏会におけるユリア・フィッシャーの演奏も魅力的でした。ヘンツェのヴァイオリンと室内オーケストラのための《イル・ヴィタリーノ・ラドッピアート》を、ヴィターリの原曲の解体過程を浮き彫りにするかのように弾いた後、アンコールにパガニーニのカプリースの完璧な演奏も聴かせてくれました。

img_0195

リチャード・セラによるT4作戦の犠牲者のためのモニュメント(1988年)

九月からは、興味深い美術展も始まっています。例えば、ベルリン美術館(Berlinische Galerie)では、「ダダ・アフリカ(DADA Afrika)」展が開催されています。ダダ百年の今年、チューリヒのリートベルク美術館の協力の下、ダダの作家とアフリカ、ないし異他なる世界との対話に光を当てるこの展覧会を先日見ましたが、とりわけハンナ・ヘーヒの作品が魅力的に思われました。このベルリン美術館では、この「ダダ・アフリカ」展以上に、たまたま入った「モデルネの幻視者たち(Visionäre der Moderne)」というテーマの展覧会に惹きつけられました。『ガラス建築』などでベンヤミンにも影響を与えたパウル・シェーアバルトの版画や、ブルーノ・タウトの絵画や建築の設計図のほか、パウル・ゲシュという彼と同時代の作家の作品が数多く展示されていて、これがとても魅力的でした。幻想的でありながら、非常に澄んだ目を感じさせる水彩画の数々が並んでいました。ゲシュには情緒不安定なところがあったようで、いくつかの医療施設を転々とした末、1940年にブランデンブルクの「安楽死」施設で虐殺されることになります。あらためてナチスの「T4作戦」の問題に向き合わせられました。演奏会を聴きにしばしば通っているフィルハーモニーがある場所は、この作戦の司令部が置かれたかつてのティーアガルテン4番地に当たるので、フィルハーモニーの傍らには、この「安楽死」の名による虐殺を記憶する場所が設けられています。

img_2386

ポルボウの公共墓地内のベンヤミンの(墓)碑

それから、すでに別稿に記しましたとおり、九月末には、ヴァルター・ベンヤミンが亡命の道を阻まれ、自死を遂げたスペインのポルボウを訪れることができました。彼が亡くなったのが1940年の9月26日とされていますので、彼の76回目の命日にポルボウに滞在したことになります。この地に設けられた彼を記念するモニュメントには、いずれも彼が「歴史の概念について」記したテクストの一節が刻まれています。ベンヤミンが葬られた墓地のなかの碑には、「同時に野蛮の記録であることのない文化の記録など、あったためしがない」という一文が引かれていますし、またイスラエルの芸術家ダニ・カラヴァンが、ベンヤミンの没後50年を機に、墓地の手前の崖を貫くかたちで制作したモニュメント《いくつものパサージュ》には、次の一節が引用されています。「名のある人々の記憶を称えるよりも、名もなき者の記憶を称えることのほうがいっそう難しい。歴史の構成は、名もなき者たちに捧げられている」。これらを、ポルボウの入江から広がる真っ青な地中海とともに見ながら、歴史哲学に対する問題意識を新たにしたところです。十月は、自分自身の研究を形にすることに徐々に力を傾けなければなりません。

現代史に関わることに最後にもう一つだけ触れるならば、1941年9月29日から30日にかけてウクライナのキエフにあるバビ・ヤールの峡谷で、ナチスの特別部隊による最大規模の虐殺が繰り広げられました。今年はそれから75年ということになります。その犠牲者を追悼するキエフでの式典で、ドイツ連邦共和国大統領ヨアヒム・ガウクが、ナチズムの歴史を踏まえた印象深い言葉を残しています。そのごく一部を、ディ・ツァイト紙所載(2016年9月29日付)の抜粋からご紹介しておきたいと思います。国民社会主義の「抹殺への意志」が、死者だけで満たされることはなかったのは、「犠牲者の記憶すらも消し去られるべきだとしていたからであります」。「私たちは、ショアーの深淵を前にするとき、計り知れない苦悩を、そして私たちドイツ人の法外な罪責を語ることになります」。「この深淵への眼差しを抜きにしては、ドイツの罪責について、ひいては私たちが共有する歴史について思いを致すことはありえません」。このバビ・ヤールでの虐殺を含めた、ナチスの特別部隊による「バルト海から黒海に至る」大量射殺の歴史に関する展示が、テロルのトポグラフィーで始まっていますので、それも近々見に行かなければと思います。

広告

ミンゲット弦楽四重奏団の演奏を聴いて

広島に、そして広島から新たな耳を開くべく続けられている現代音楽の演奏会シリーズHiroshima Happy New Earの第18回目の演奏会[2014年11月18日/アステールプラザオーケストラ等練習場]に登場したのは、ドイツのケルンを拠点に活躍を続けるミンゲット弦楽四重奏団。その名は、芸術は大衆に愛されるものであるべきだと説いた18世紀スペインの哲学者パブロ・ミンゲットに由来するという。哲学者ミンゲットの精神は、もしかすると、ミンゲット弦楽四重奏団の考え抜かれたプログラム構成に表われているのかもしれない。古典的な作品やその楽章と、現代作品とが照らし合わせられる──例えば今回、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番の両端楽章のなかに、ドビュッシー、ヴェーベルン、細川俊夫らの作品が挟まれていた──ことによって、両者に通底する楽想が浮かび上がり、誰もが現代作品に近づける回路が開かれるとともに、古典的な作品のなかにも新たな発見の余地が開かれるのだ。ミンゲット弦楽四重奏団は今回、こうしたプログラム構成も含め、これまでHiroshima Happy New Earのシリーズに登場したアルディッティ、ディオティマ、ジャックといった弦楽四重奏団とはまた異なった個性を優れて音楽的に発揮していた。

とくに印象的だったのが、ミンゲット弦楽四重奏団が、内声を軸に、クァルテットとしての響きの充実を志向していたこと。第2ヴァイオリンのアネッテ・ライジンガーとヴィオラのアロア・ソリンのしなやかで、豊かに広がる音が、クァルテットの響きに深い奥行きをもたらしていた。また、それによって、メンデルスゾーンの最後の弦楽四重奏曲においては、悲痛な歌が内側から湧き上がってくる。姉ファニーの死に直面した衝撃のなかから生まれたとされるこのヘ短調の弦楽四重奏曲より両端楽章が、演奏会の最初と最後に演奏されたが、そこに込められた激情が、うねるような曲のダイナミズムに結実したのも、このクァルテットならではのことだったにちがいない。そして、この曲に見られる、動機を連綿と発展させ、精神の内奥から歌を紡ぐ行き方が、W・リームの弦楽四重奏曲にも、またヴェーベルンの弦楽四重奏のためのバガテルにも受け継がれているのを、メンデルスゾーンのあいだにこれらが置かれることで、はっきりと感じ取ることができた。

とくにリームの作品は、いくつかのモティーフを、表現主義的とも思える仕方で運動性豊かに、またあくまでそれが楽音において響く可能性を突き詰めるかたちで展開するものと言えようが、その美質がミンゲット四重奏団によって存分に引き出されていたのは非常に印象的だった。他方で、ヴェーベルンのバガテルにおいては、音そのものの最小の展開のうちに最大の自由が凝縮していることを、豊かな歌とともに響かせていたのではないだろうか。ともすれば、雰囲気的に演奏されかねないとも思われる武満の《ランドスケープ》において、このクァルテットが、鋭い打ち込みのなかから響きの層を豊かに繰り広げていたのも印象深い。それぞれの層の襞まで響いてくるかのような演奏だった。その後にドビュッシーの弦楽四重奏曲の緩徐楽章を聴くと、その静謐な響きの層に、武満の楽想の源があるかのようにさえ思えてくる。この楽章の演奏は、それぞれの楽節の特徴をしっかりと示しながら、深いところから柔らかな歌を響かせるもので、それだけで一個の作品のようにさえ聞こえるほど内容的に充実していた。

こうしたミンゲット四重奏団の響きの特徴と、質実な音楽へのアプローチが最も生きたのが、細川俊夫の《開花》の演奏であろう。一つひとつの音に時間をかけて沈潜するなかから、豊かな歌が深い憧れを内包して響いてくる。水面へ上ろうとする蓮の茎のうちで躍動する生命のダイナミズムが、これほど奥深いところから湧き出た演奏は、これまで聴いたことがない。たしかに、技術的な完成度だけを見るなら、ミンゲット四重奏団の演奏には、これまでHirosihma Happy New Earのシリーズに登場したクァルテットに及ばないところはあろう。しかし、泥土の底から這い出てくる蓮の生命を、その開花の喜びを、ミンゲット四重奏団の演奏以上に深いところから、豊かな歌とともに響かせた演奏は、これまで聴いたことがない。

アンコールには、メン261118デルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番より緩徐楽章が演奏された。深沈とした歌に満ちた、ファニーのレクイエムとも言うべきその楽章は、原子爆弾の犠牲者をはじめ、人類の苦難の歴史の犠牲者たちに捧げる一つのレクイエムとして演奏されたという。広島という場に身を置くことで生じた、クァルテットのメンバーのこのような思いもまた、演奏された作品の響きにいっそうの奥行きを添えたはずだ。広島からの霊感とともに生まれた、深い歌に富んだ音楽の出来事に立ち会えた幸運に感謝したい。