広島へ/Nach Hiroshima

img_0408

役所からの帰り道に見た現役のトラバント

ここ数日ベルリンでは、この冬では比較的寒い日々が続いています。日中でも気温が氷点下二、三度で、空はどんよりと曇っています。あらためてドイツで冬を過ごしていることを実感させる気候ですが、そのようななかで、ベルリンの住居を引き払い、広島へ帰るための準備を進めていました。寒さのなかを半時間ほど歩いて、地区の役所の支所へ住民登録解除の手続きに行ったり、荷物をまとめたりしていたところです。何と言っても、研究のために買いためた本を箱詰めして送り出す作業が難儀でした。昨年四月からの勤務先の大学の学外長期研修制度によるベルリンでの研究滞在を終えて、広島へ帰ります。あっという間に過ぎた十か月でした。

IMG_0033

桜の時季に滞在が始まりました。

滞在期間は、ベルリン自由大学の哲学科のジュビレ・クレーマー教授にお世話になりながら研究を進めました。おかげで、人文学に関する文献が豊富に揃ったこの大学の文献学図書館をほぼ毎日利用できましたし、またクレーマー教授のコロキウムで研究の中間的な成果を発表してフィードバックを得ることもできました。初めの頃には、ベルリン芸術アカデミーのヴァルター・ベンヤミン・アルヒーフにも、文献のことをはじめ何かとお世話になりました。ベルリンでの研究環境は、ほぼ申し分なかったと言えるでしょう。ただ、それを生かしきれたかと自問すると、やはり忸怩たるものが残ります。もう少し文献を読めたはずだという思いを拭えません。

img_0113

初夏から夏にかけては多くの果物を味わいました。写真は市場で見た巨大な西瓜。

ベルリンでは〈残余からの歴史〉の概念を、ヴァルター・ベンヤミンの歴史への問いを引き継ぎながら、哲学的かつ美学的に探究する研究に取り組んでいました。そのためには、当然ながらベンヤミン自身の問題意識をいっそう掘り下げなければなりません。滞在期間の前半は、彼の遺稿「歴史の概念について」の批判版のテクストと、それに関連した二次文献を読み、あらためて彼の歴史哲学とは何か、という問題に取り組んでいました。また、歴史と芸術の接点を探りつつ美学的な問題意識を深めるためには、ベンヤミンの『ドイツ悲哀劇の根源』が重要であると感じましたので、滞在期間の後半には、そのテクストとこれに関連した文献を繙読しておりました。

img_0317

秋のリリエンタール公園

本来ならば、ある程度雑事から解放されている研究滞在の期間にこそ、基礎的な文献をもっと多く読んでおかなければならないのでしょうが、さまざまなことに追われて、思うようには読めなかったというのが正直なところです。とはいえ、ベンヤミンの著作にある程度時間をかけて取り組むなかで、彼の思考への見通しを、微かながら得ることができました。帰国後に少し落ち着いたら、これを何らかのかたちで提示することへ向けた仕事にも取り組まなければと思います。それから、すでに昨年のクロニクルに記しましたように、中國新聞のコラム「緑地帯」などへの寄稿をつうじて、研究に取り組みながら、あるいはベルリンに滞在しながら考えたことを広くお伝えする機会に恵まれたのは幸いでした。

img_0337

冬景色

なかでも、昨夏に雑誌『現代思想』の「〈広島〉の思想──いくつもの戦後史」特集に、「そこに歴史はない──ベルリンからグラウンド・ゼロとしての広島を思う」と題する拙論を寄稿させていただいたことは、現在の問題意識を明確にする契機となりました。そこに一端を描いた、ベルリンと広島を大西洋と太平洋を越えて結び、今も続いている「核の普遍史」とも言うべき歴史には、広島から、あるいは広島を思うなかから立ち向かわなければならないでしょう。そして、生存そのものを脅かすこの「普遍史」に抗いつつ、今ここに死者の魂とともに生きる余地を探る営為のうちに、〈残余からの歴史〉を位置づけたいと考えているところです。

過酷な歴史的過程の残滓であるとともに、「歴史」によって抑圧されながらも残り続けている残余としての記憶から、ないしはその消えつつある痕跡から、一つひとつの出来事を想起し、一人ひとりの死者に思いを馳せると同時に、「歴史」とされてきた物語を総体として問いただすところにあるもう一つの歴史、この〈残余からの歴史〉。ベンヤミンの言葉を借りるならば「瓦礫を縫う道」としてのその方法を、さらに彼の思想の研究を深めながら、また広島で原民喜などの作品を読みながら、あるいは歴史学との対話をつうじて探究しなければと考えています。記憶殺しと歴史の骨抜きがとくに日本で進行するなかで、歴史とは何かという問いにはもう少しこだわってみたいと思います。

img_0192

フィルハーモニーとともに、コンツェルトハウスへも何度も足を運びました。

ところで、今回の研究滞在中には、細川俊夫さんの『細川俊夫 音楽を語る──静寂と音響、影と光』の日本語版が、関係者のご尽力により、アルテスパブリッシングより拙訳にて刊行されました。世界的な作曲家の「対話による自伝」とも言うべき本書を、細川さんが最初に留学したベルリンに滞在しているあいだに世に送ることができたのには、巡り合わせのようなものを感じます。そこで細川さんが、ご自身の作曲活動の軌跡とともに語っておられる、音楽の核心にあるものは、これからさらに深めていかなければと考えています。ベルリンでは、かなりの数の演奏会やオペラなどの公演に足を運びました。熱気に包まれた会場で音楽に耳を傾け、舞台に目を凝らしながら、音楽とは何か、オペラの上演は今どのようにありうるか、という問いがいつも脳裡に浮かんでいました。そうして考えたことも、広島で音楽に関わる仕事に生かしていきたいと思います。

それから、滞在期間にベルリンからヨーロッパ各地へ何度か出かけられたのも、忘れられないことの一つです。なかでも大規模なパウル・クレー展が行なわれていたパリへの旅、ベンヤミンが自死を遂げたポルボウへの旅、そして最近のベルンとチューリヒへの旅からは、今後の研究にとってきわめて重要な経験を得ることができました。それによって、ベンヤミンの思考の軌跡をいっそう広い歴史的文脈に位置づける視野が開けたと感じています。また、ハノーファーとハンブルクでは、広島とドイツを結ぶ非常に興味深い試みにも接することができました。これらの旅をつうじて得られた刺激や人間関係も、今後の研究と教育に生かしていかなければなりません。

今回は家族とともにベルリンに滞在しました。娘が公立の小学校に通ったので、それに関わる細々としたことに時間を取られることも多かったのですが、娘の担任の教師やクラスメイトの親など、おそらく単身での滞在では出会うことのない人々とめぐり逢うことができたのもよい経験でした。娘は友達に恵まれ、何人か親友もできました。近いうちに親友との再会の機会を設けなければと思います。また、住まいの家主がとても親切だったのにも助けられました。こうした人々がいたおかげで、温かい日常を過ごすことができたと思います。ベルリンで出会った、あるいは再会した友人たちにも、さまざまな場面で助けられました。心から感謝しています。

img_0409

ちょうどベルリン映画祭の準備が本格化しています。

滞在期間には、昨年の12月に起きたトラックによる無差別殺傷事件のように衝撃的な出来事も起きましたが、この事件の後のベルリンの人々の落ち着いた生活ぶりには、多くを学ばされました。現在、世界を不安が覆うなか、憎悪が人々のあいだを引き裂いているのは確かでしょう。それに、それに乗じたとも言える由々しい政治的な動きは、すでに始まっています。しかし、後戻りできないかたちで雑種化し、さまざまな背景を持つ人々の交差路となっているベルリンの日常を生きる人々は、このことがいかに誤っているかを深く理解していると思います。それに、ダニエル・バレンボイムのように、人の注意力を細やかにしながら人と人を結びつける音楽の力を確信しているベルリンの優れた音楽家は、音楽に取り組む者にとって、人を他者に開く人文的な知が重要であることも深く理解しています。おそらくは、憎悪をその歴史的な根から照らし出し、他者とともに生きるうえで困難でありながら大切な問題を考えることへ人を導くことによって、こうした芸術家の営みを支えるところには、この困難な時代における哲学の課題の一つがあることでしょう。このような問題意識を抱きながら、また広島での仕事に戻りたいと思います。今日広島へ発ちます。

広告

Chronicle 2015

年の瀬とは思えない暖かい日が続いていますが、お変わりないでしょうか。気候の尋常ならぬ穏やかさに、かえって気持ちが落ち着かない日々を過ごしております。空気の生暖かさは、戦争のなかで虐げられてきた人々や、今も日々追いつめられている人々の苦悩を覆い隠し、こうした人々が曝されている暴力を問う思考を鈍らせるものにすら思えるのです。被爆、そして敗戦から70年の節目の年が暮れようとしてしている今、70年のあいだ時に声にならないかたちでも発せられてきた、抑圧されてきた人々の言葉を、神話としての歴史に抗って聴き直していくことの重要性を、あらためて確認すべきではないでしょうか。このことが、来たる年も思考を継続する出発点になると思われます。

IMG_1727そのことの重要性を、私自身先日「被爆70年ジェンダー・フォーラムin広島」に参加して噛みしめたところです。入念な準備を経て開催されたこのフォーラムは、「広島/ヒロシマ/廣島」に凝縮される問題を考え続ける起点となるような、人と問いの交差点(intersection)になったのではないでしょうか。私はそこで得たさまざまな刺激を、残余からの歴史とも呼ぶべき、もう一つの歴史の可能性を哲学的、かつ美学的に考えることに生かしたいと思っています。その歴史をひとまず、神話としての歴史が消し去ろうとしている出来事の残滓を拾い上げ、声にならない声を反響させることで、現在を過去との布置において照らし出すとともに、他者、そして死者とともに生きる場を、神話の解体によって切り開く歴史と特徴づけられるでしょうし、その可能性は史実の探究と美的表現の交響のなかに探られうると考えているところです。

IMG_1765

残余からの歴史が開く場所なき場には、今まさに神話的に喧伝されている「最終的解決」も「不可逆」性もありえません。そこには絶えず死者が到来し、過去に新たに向き合わせます。そのことが、現在を記憶の布置のなかに照らし出すのです。「時の関節が外れた」場に身を置いてこのことを潜り抜けてこそ、自分自身を、性差別を含んだかたちで規定された「国民」的な従属゠主体性を脱するかたちで、他者への応答可能性へ向けて変貌させうるのではないでしょうか。このことが、とりわけ東アジアに生存の余地を開くためにも、喫緊に求められていると思われてなりません。

来年は、こうした残余からの歴史の概念を、ヴァルター・ベンヤミンの「歴史の概念について」をはじめとする歴史哲学的著作の読み直しにもとづいて探究することを中心的な課題としたいと考えているのですが、それに取り組むための時間を、4月より広島とは別の場所でいただくことになりました。来年度は、ベルリンにて、当地のベルリン自由大学の哲学科にお世話になりながら、およそ10か月間の在外研究を行ないます。この大学の図書館でも充分に研究のための資料は閲覧できるでしょうが、幸いベルリンには、芸術アカデミー付設のヴァルター・ベンヤミン・アルヒーフもありますので、こちらも併せて活用しながら研究を進めたいと考えています。

9784755402562以下にクロニクルのかたちで記すように、今年は非常に忙しく過ぎていきました。そのことにはもちろん、今年が被爆と敗戦から70年の年だったことも作用しているにちがいありません。そのような節目の年に、拙著『パット剝ギトッテシマッタ後の世界──ヒロシマを想起する思考』(インパクト出版会)を上梓したのをはじめ、今までになく多くの文章を公表できたことは、非常に光栄に思っておりますし、その執筆過程で学ぶことも多々ありました。しかし、そのぶん地道な研究がいくらかおろそかになった感は否めません。来年4月からのベルリンでの在外研究のあいだは、テクストを丁寧に読むことにできるだけ多くの時間を割きたいと思います。

IMG_1898今年も大学での講義や公務に追われながら研究と執筆に勤しむ毎日でしたが、その合間を縫うかたちで、パリ、チューリヒ、そしてテル・アヴィヴとイェルサレムへ旅することができたのは、忘れがたい思い出になりました。そのなかで、素晴らしい音楽や舞台、あるいは美術に触れられた喜びについては、すでに記したとおりですが、それ以上に現地で人と会って語り合う時間を持てたことの貴重さを、今は噛みしめているところです。細川俊夫さんのオペラ《リアの物語》の広島での上演に関わる仕事で明けた今年は、音楽との関わりがさらに深まるとともに、美術との関係も強まった一年でした。こうした芸術との関わりを大切にしながら、研究の深化に努めたいと考えております。このところ文字どおり足腰を鍛えることに少し精を出してきましたが、来年はそれを継続しつつ、研究の足腰も鍛え直したいものです。引き続きご指導くださいますようお願い申し上げます。来たる年が、みなさまにとって少しでも平和で幸せに満ちた年になりますように。

■Chronicle 2015

  • 1月30日:1月30日と2月1日の二日にわたりHiroshima Happy New Ear Opera IIとしてJMSアステールプラザ中ホールにて開催された細川俊夫作曲のオペラ《リアの物語》の公演(指揮:川瀬賢太郎/演出:ルーカ・ヴェッジェッティ)のプログラムに、「夢幻能の精神からの新たなオペラの誕生──細川俊夫《リアの物語》によせて」と題するプログラム・ノートが掲載されました。また、今回の《リアの物語》の公演に際しては、日本語字幕の制作に携わり、プレ・トークとアフター・トークの司会も務めました。
  • 2月20日:広島芸術学会の会報第131号に、「芸術の力で死者の魂と応え合う時空間を──被爆70周年の広島における表現者の課題」と題する巻頭言が掲載されました。
  • 2月28日:原爆文学研究会の会報第46号に、2014年12月21日に九州大学西新プラザでの第45回原爆文学研究会において行なわれた「戦後70年」連続ワークショップIV「カタストロフィと〈詩〉」のなかで行なった研究発表「アウシュヴィッツとヒロシマ以後の詩の変貌──パウル・ツェランと原民喜の詩を中心に」の報告が掲載されました。
  • 3月20日:広島県と広島市が協働して組織した国際平和拠点ひろしま構想推進連携事業実行委員会のひろしま復興・平和構築研究事業の成果を教材としてまとめた小冊子『広島の復興の歩み』に、広島の被爆の記憶をテーマにした映画を紹介するコラム「映像に見るヒロシマ」が掲載されました。なお、この小冊子には英訳版“Hiroshima’s Path to Reconstruction”があります。
  • 3月29日:中央大学駿河台記念館で開催された中央大学人文科学研究所の公開研究会として開催されたシンポジウム「《リアの物語》から考える──日本での現代オペラ上演の現状と課題」にて、「広島から現代のオペラを創るために──細川俊夫《リアの物語》広島初演の成果と課題」と題する講演を行ないました。
  • 4月〜7月:広島市立大学国際学部の専門科目である「共生の哲学I」、「社会文化思想史I」、「専門演習I」、そしてオムニバス形式の「多文化共生入門」の一部を担当しました。同大学大学院国際学研究科の専門科目「現代思想I」では、アライダ・アスマンの『想起の空間』などを講読しました。同研究科のオムニバス講義「平和学概論」でも一回講義を行ないました。広島市立大学の全学共通系科目の「世界の文学」と「平和と人権A」の一部の講義も担当しました。日本赤十字広島看護大学では、「人間の存在」の講義を担当しました。広島大学では、教養科目「哲学A」を担当したほか、同じく教養科目である「戦争と平和に関する総合的考察」でも二回講義を行ないました。
  • 6月11日:ヒロシマ平和映画祭のプレ・イヴェントとして本願寺広島別院共命ホールで開催された、青原さとし監督の映像叙事詩『土徳流離──奥州相馬復興への悲願』上映会のトーク・セッションに進行役およびパネリストとして参加しました。
  • 7月3日:県立広島大学サテライトキャンパスひろしまにて、『九月、東京の路上で──1923年関東大震災ジェノサイドの記憶』の著者加藤直樹氏をお招きして広島市立大学特別公開コロキアム「記憶を編み直す──いま、関東大震災時の虐殺を語る意味」を開催しました。30名ほどの市民や学生のみなさんが熱心に参加してくださいました。
  • 7月15日:インパクト出版会より著書『パット剝ギトッテシマッタ後の世界へ──ヒロシマを想起する思考』を上梓しました。今ここでヒロシマを想起しながら、死者を含めた他者とともに生きることとして平和を捉え直すというモティーフの下、広島の地で2007年から2015年にかけて書き継がれた評論や論考、講演録の集成です。第1部には、想起の媒体としての芸術、さらには言葉の可能性を探る評論や講演をまとめ、第2部には、ヒロシマ平和映画祭などの場での講演の記録などを収めています。第3部には、書評を中心とした評論を、そして第4部には、被爆の記憶を継承することにもとづいて平和の新たな概念を追求する論考を収録しています。
  • 7月31日、8月28日、9月25日:東京ドイツ文化センター図書館にて、「ベンヤミンの哲学──言語哲学と歴史哲学」と題する連続講演会を行ないました。2014年7月に上梓した拙著『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社)の内容を基に、第1回ではヴァルター・ベンヤミンの生涯と著作を概観し、第2回では彼の言語哲学を、第3回では彼の歴史哲学を紹介しました。毎回図書館の閲覧室が一杯になるほど多くの方々に熱心にご参加いただき、ディスカッションも大変盛り上がりました。
  • 8月7日:広島交響楽団の主催で中国電力本社ホールにて開催された「アニー・デュトワ博士と広島の学生との平和交流&萩原麻未による被爆ピアノ演奏」の司会を務めました。
  • 8月8日:週刊書評紙『図書新聞』第3218号の特集「『戦争法案』に反対する」に、「記憶を分有する民衆を、来たるべき東洋平和へ向けて創造する──平和を掠め取り、言葉を奪い、生きることを収奪する力に抗して」と題する小文をが掲載されました。平和という言葉のみならず、言葉そのものを、さらには生きること自体を食い物にしながら、平和主義を根幹から骨抜きにしようとする政権の無法な動きを、歴史的な問題として見据えつつ、まさにその動きに抗して、国会前で、各地の街頭で、そして大学のキャンパスで生まれつつある言葉を、記憶を分有する民衆の創造へ向けて結び合わせることを要請するささやかな平和宣言です。
  • 8月28日:広島芸術学会の会報134号に、8月1日に広島県立美術館講堂で行なわれた広島芸術学会第29回大会における田中勝氏の研究発表「積極的平和と芸術──『ゼロ平和』から見る芸術の創造的価値」の報告が掲載されました。
  • 8月29日:駒場アゴラ劇場で行なわれた下鴨車窓の公演『漂着』のポストパフォーマンス・トークで、この作品の作家で演出家の田辺剛さんと対談させていただきました。『漂着』の舞台は、オシプ・マンデリシュタームが詩について語った「投壜通信」からインスピレーションを得ながら、言葉の遣り取りのなかに含まれる絶望と希望を、あるいは奇跡と破局を、映像作家の生活と、彼が作り出そうとする虚構の世界を往還しながら浮かび上がらせるものでした。
  • 9月26日:9月26日と27日にJMSアステールプラザ大ホールにて開催された、ひろしまオペラルネッサンスのモーツァルト《フィガロの結婚》の公演(指揮:川瀬賢太郎/演出:岩田達宗)のプログラムに、「エロスを昇華させる歌の美、赦しの瞬間の崇高──モーツァルトの《フィガロの結婚》の新しさ」と題するプログラム・ノートが掲載されました。
  • 10月1日:11月21日と28日に淀橋教会で開催された「細川俊夫10×6還暦記念コンサート」のフライヤーとウェブサイトに、この演奏会の意義と魅力を紹介する小文が掲載されました。
  • 10月〜2016年2月:広島市立大学国際学部の専門科目である「共生の哲学II」、「社会文化思想史II」、そして「専門演習II」を担当しています。同大学大学院国際学研究科の専門科目「現代思想II」では、米山リサの『広島、記憶のポリティクス』などを講読しています。広島市立大学では、全学共通系科目の「哲学B」も担当しています。広島大学では教養科目「哲学B」の講義を、広島都市学園大学では「哲学」の講義をそれぞれ担当しています。
  • 10月10日:『図書新聞』第3225号に、鹿島徹氏が批判版ヴァルター・ベンヤミン全集の『歴史の概念について』の巻に異稿の一つとして収録された稿を基に「歴史の概念について」を新たに翻訳し、そのテクストに詳細な注釈を加えた、ヴァルター・ベンヤミン『[新訳・評注]歴史の概念について』(未來社、2015年7月)の書評「アガンベン稿とも呼ぶべき最初のタイプ稿を底本とした新たな翻訳──ベンヤミンのテーゼの読み直しは歴史そのものを捉え直す、かけがえのない出発点」が掲載されました。
  • 12月4日:エリザベト音楽大学のセシリアホールで開催された同大学のクリスマスチャリティーコンサートのプログラムに、細川俊夫作曲《星のない夜──四季へのレクイエム》の作品解説と歌詞対訳が掲載されました。
  • 12月12日:原爆文学研究会の機関誌『原爆文学研究』の第14号に、論文「アウシュヴィッツとヒロシマ以後の詩の変貌──パウル・ツェランと原民喜の詩を中心に」が掲載されました。テオドーア・W・アドルノの「アウシュヴィッツの後に詩を書くことは野蛮である」という言葉を、その文脈から跡づけ、そこに含まれる問いを取り出したうえで、それに対する詩の応答の一端を、原民喜とパウル・ツェランの詩作のうちに求め、そこに含まれる詩の変貌ないし変革に、破局の後の詩の可能性を見ようとする内容です。
  • 12月17日:ベルンのパウル・クレー・センターに集う研究者の編集によるクレー研究の国際的なオンライン・ジャーナル“Zwitscher-Maschine”に、7月5日から9月6日にかけて宇都宮美術館で開催されたパウル・クレー展「だれにもないしょ。」の展覧会評の英語版“Viewing the Paul Klee Exhibition »This is just between Ourselves«”が掲載されました。
  • 12月22日:世界的な打楽器奏者中村功氏を迎えてJMSアステールプラザのオーケストラ等練習場にて開催されたHiroshima Happy New Earの第20回の演奏会「打楽器の世界」のアフター・トークの司会を務めました。